スポンサーリンク

 

 

 

sakiboku-drama-4wa-netabare

こんにちは!アニーです♪

当ブログにご訪問下さりありがとうございます(^^♪

 

ドラマ「先に生まれただけの僕」ですが、3話放送されましたね♪

3話では、鳴海が島津のアクティブラーニングを採用したことで島津から強力な支援をもらえるようになりました♪

また鳴海は生徒に対して、勉強する意味という根本問題を語るという大きな一歩を見せてました☆彡

「先に生まれただけの僕」、かなり熱い感じになっていってます♪

ドラマ見てると、勉強したいなって思ったりしますからね(笑)

 

そんなドラマ「先に生まれただけの僕」ですが、果たして4話で鳴海にどんな事件が待っているのでしょうか!?

ということでドラマ「先に生まれただけの僕」4話についてネタバレしていきたいと思います(^^♪

 

ドラマ「先に生まれただけの僕」4話あらすじネタバレ♪

それでは、ドラマ「先に生まれただけの僕」の4話のあらすじについてネタバレしていきましょう!

果たしてドラマ「先に生まれただけの僕」の4話ではどんなあらすじとなっているのでしょうか!?

ということで「先に生まれただけの僕」の4話あらすじネタバレスタート!!

生徒たちの勉強に対する意欲を向上させるべく、鳴海(櫻井翔)は、授業にアクティブラーニングを導入したいと教師たちに提案する。

アクティブラーニングのノウハウを持っていた英語教師の島津(瀬戸康史)をはじめ、薫(木南晴夏)、日菜子(森川葵)は、鳴海の提案に賛成。

一方、文恵(秋山菜津子)、郷原(荒川良々)、河原崎(池田鉄洋)は、自分なりの授業のやり方があると言って反対。

ちひろ(蒼井優)は興味を持ちながらも、手放しで賛成できずにいた。

 

職員室の意見が分かれる中、アクティブラーニングの授業は生徒たちに好評で、鳴海は手応えを感じるも、同時に、鳴海が予想していなかった問題が持ち上がる。

そんな折、鳴海は加賀谷(高嶋政伸)に呼び出され、京明館の経営の立て直しを命じたのであって教育理念を変えろとは言っていない、と強く叱責される。

加賀谷が高圧的な態度で鳴海にあたっていることを知った聡子(多部未華子)は、鳴海を心配するが…。

(引用:先に生まれただけの僕」公式サイト)

こちらをクリックして、まずは2週間無料でお試し☆彡

 

ドラマ「先に生まれただけの僕」4話予告動画ネタバレ♪

それでは、ドラマ「先に生まれただけの僕」4話の予告動画あがりましたので、載せますね(^^♪

果たして、4話の予告動画はどんな感じでしょうか!?

 

ということで「先に生まれただけの僕」4話の予告動画になります♡

 

 

ドラマ「先に生まれただけの僕」4話の見逃し配信を視聴する方法を紹介♪

ドラマ「先に生まれただけの僕」ですが、ドラマが地上波で放送されてからの1週間は日テレオンデマンドにおいて無料で見ることが出来るんですね♪

 

なので、録画忘れた!っていう心配も要りませんし、仕事やお出かけで帰れなかったりしても安心して視聴できるのでイイですよね~♪

お出掛けの際など、家にいない時はスマホも対応されてるので、出先でも見ることが出来ます☆彡

また、この1週間のうちの見逃し配信については日テレオンデマンドへの登録はしないでも視聴できるので使いやすいですね♪

 

それで、もし、1週間以内に見れなかった~という場合には、Huluにおいて見逃し動画を見ることができます☆彡

Huluでは、最新ドラマから過去の名作ドラマをはじめとして、映画やアニメなども見ることができます♪

 

Huluの月額登録料は、933円(税抜き)になってますが、

今なら最初の2週間に関しては特典として無料お試し期間となっていますのでお得に見れます♪

そんなHuluの登録はこちらからできます♪

↓↓↓

こちらをクリックして、まずは無料でお試し☆彡

※さらに詳しく知りたい方はこちらの記事で書いてます♪

先に生まれただけの僕、動画4話がHuluなら無料で視聴できる!?

ドラマ「先に生まれただけの僕」4話ネタバレ&感想♪

☆ネタバレ追記!(2017年11月4日)

それではドラマ「先に生まれただけの僕」4話ネタバレを書いていきたいと思います♪

見逃し配信見てからという方はここから先は読まない方がいいかと思うので、配信動画見てからぜひ読んでください♪

それではいきます!

「先に生まれただけの僕」4話ネタバレGo!!

 

こちらをクリックして、まずは無料でお試し☆彡

 

「先に生まれただけの僕」4話放送ネタバレ実況中継♡

今回は櫻井翔君の生徒になりたいアニーちゃん、ナナちゃんが話し合っています♪

登場人物:アニー、ナナ

登場人物についてはこちら♪

登場人物紹介

アニー:それでは、ここからは実況中継的に「先に生まれただけの僕」4話をネタバレしていきます☆彡

さぁ、「先に生まれただけの僕」4話始まって参りました☆彡

ナナ:まずは、鳴海は辞めていった及川の代わりの先生を探してる(;^_^A

アニー:履歴書を鳴海は見てるけど、なかなかいい先生がいないと、柏木にぼやいてる(^_^;)

ナナ:その中で、鳴海は島津の授業が非常に良かったのを思い出して、先生全員でアクティブラーニングやっていったらいいんじゃないか?

って思う♪

アニー:そこで、鳴海は全教師を集めて、アクティブラーニングを導入していくのを会議する☆彡

ナナ:その結果、全部の授業をアクティブラーニングにするのはもしかしたら支障でるかもしれないとのことで、1、2年生の授業だけアクティブラーニングにしようとのことになった♪

 

「先に生まれただけの僕」3話ネタバレ♪島津によるアクティブラーニングのやり方をレクチャーが始まる!

アニー:島津によるアクティブラーニングのやり方をレクチャーが始まるね♪

ナナ:アクティブラーニングは先生も生徒もお互いが叱咤激励をしながら一緒にプレーしていくことが大事とのこと☆彡

アニー:イメージとしては部活のような感じとのことだね♪

ナナ:放置するわけではなく、ちゃんと見て先生が流れを作って、生徒が自ら答えに辿り着けるように導いていくとのことだね☆彡

果たして、どうなることか??

 

「先に生まれただけの僕」3話ネタバレ♪鳴海は京明館高校を改革しようとするが、加賀谷は不満の模様(^_^;)

アニー:鳴海は京明館高校を改革しようとするけど、加賀谷は何やら不満の模様(^_^;)

ナナ:その加賀谷の愚痴を後藤田と松原は聞かされて、松原が加賀谷にたてつく(;^_^A

アニー:それによって、加賀谷は香坂に鳴海と松原がデキてることを聞き何やら考えてる(^_^;)

ナナ:加賀谷はデキル人間に対して、嫌な態度獲るみたいだね(;^_^A

これからさらに鳴海に嫌な態度とってきそうだわ(^_^;)

アニー:鳴海と松原はディナーをともにする♪

その中で鳴海は松原に、これから結婚のことを具体的に考えていこうと話してる!

ナナ:松原はあまりの嬉しさに涙する☆彡

アニー:鳴海、前向きに学校建設に向かえてきたことでプライベートにも前向きになってるね♪

ナナ:この調子で行ければいいけど、加賀谷がちょっと怪しいよね( ̄▽ ̄;)

 

「先に生まれただけの僕」3話ネタバレ♪鳴海は生徒に授業を変更することを伝える!しかし、そこから問題も(^_^;)

アニー:鳴海は生徒に授業を変更することを伝えてる!

ナナ:いよいよアクティブラーニングが導入される感じだね☆彡

アニー:真柴をはじめとしたアクティブラーニングを実践する人達は気合い入れて授業に臨んでいく!

ナナ:って、鳴海も数学の授業をやるみたいだね(笑)

どうなるか楽しみだね♪

アニー:真柴や市村も積極的に実践してる☆彡

ナナ:矢部も音楽の授業で実践!

矢部の方は、超絶ピアノ技術をガッツリ見せつけてる♪

アニー:しかも、そのピアノの速引きとヘビメタを聞き比べることをやってる!

めっちゃ受けたいわ~(笑)

ナナ:アクティブラーニングが導入された1、2年生の方はかなり授業盛り上がってる☆彡

アニー:ただ、3年生の方は今まで通りの授業でやってるので、生徒からはかなり不満が出てる(;^_^A

ナナ:鳴海がアクティブラーニングを導入した先生達と話してるとどの先生達も結構上手くいった感じでイイ傾向が見れる♪

アニー:ただ、真柴は毎回この授業をやるのか?

上手くいき続けるのか??

と不安になってる。

ナナ:そんな中3年生の生徒が鳴海に対して3年生の授業を変えないっていうのは3年生を見捨ててるの?

と突っかかってくる状況が生まれた(^_^;)

アニー:鳴海は3年生を見捨ててないと言うけど、なかなか理解してもらえないみたいだね(^_^;)

ナナ:そうした問題が出たことで鳴海の教育方針に反対してる先生達が鳴海に噛みついてくる!

アニー:そこで、真柴やアクティブラーニング実践教師は、私達が変わらなければ生徒を変えることはできないと主張し始める。

ナナ:これによって、鳴海への反対勢力と鳴海に同調してきてる先生との間で問題意識の差が出始めてる。

アニー:そこで鳴海は反対勢力に対して、ちゃんと賛成をもらってないにも関わらずに生徒に授業を変えるっていったことを詫びる。

ただ、何とか学校を建設していくためにも、ともにできることを協力して欲しいと訴える!

ナナ:鳴海の心は届くのか!?

 

「先に生まれただけの僕」3話ネタバレ♪鳴海は学校改革案を加賀谷に提案!

アニー:鳴海は学校再建においてアクティブラーニング導入について加賀谷に申し出る。

ナナ:鳴海は生徒が自立していけるようにっていう理念に変えた方がいいと加賀谷に話す。

アニー:ただ、加賀谷は猛烈に鳴海に当たってくる(;^_^A

ナナ:その模様を見ていた香坂が松原に、鳴海が加賀谷にキレられてたことを伝える。

アニー:その中で、加賀谷に言われたくらいで腰砕けになっちゃう鳴海と結婚するの?

と香坂は松原に不安をあおってくる(;^_^A

ナナ:なかなか厳しいね(^_^;)

 

「先に生まれただけの僕」3話ネタバレ♪鳴海と真柴の会話♪

アニー:真柴は鳴海に3年生が本当に疎外感を感じてることを話す。

ナナ:真柴は鳴海に、校長が3年生に真摯に向き合って語りあった方がいいと話す。

アニー:と、そんな中、事件が起こる!

ナナ:生徒が肋骨当たりにケガを負って保健室に来てる(;^_^A

どうやら引退した野球部の3年生が後輩に対して、酷いしごきをしたとのこと( ̄▽ ̄;)

アニー:こ、これは酷い感じだm(__)m

ナナ:これによって、鳴海は3年生が不満をためてしまってると危機感を抱き、3年生と語り合うことに!

 

「先に生まれただけの僕」3話ネタバレ♪鳴海が3年生に語る!

アニー:鳴海と3年生のむっちゃ熱い語らいが始まる!

鳴海は3年生を呼び出すと、まず最初に謝った。

ナナ:鳴海は教育改革プランにおいて3年生を入れてなかったことを正直に伝える。

アニー:ただ、その中で鳴海は、こうした理不尽に感じることは当たり前にあると語る。

ナナ:社会においてはもっとこうした理不尽は起こるとのこと。

アニー:そこで鳴海は就職組を立たせる。

ナナ:就職組に対して、理不尽なことは多く起きる。

もしブラック企業に入って、あまりにも厳しい状況で命を断とうと思うような状況であれば、そうした会社は辞めていい。逃げていい。

ただ、必ず起きるだろう理不尽に対して、簡単に折れないで欲しいと鳴海は生徒に訴える!

アニー:さらに専門学校に行く生徒に対しては、今から自分の行く道を決めて素晴らしい。

だけど、専門学校で学ぶことはその職業の基礎中の基礎。

だから、ぶっちゃけ初めは通用しないこともある。

その職業の技術などはその現場で学ばなければいけない。

だけど、それが当たり前だと思って欲しい。

仕事をしてお金をもらうことは簡単なことじゃないと鳴海は話す。

ナナ:さらに大学進学する生徒にも鳴海は語り掛ける。

この中でどれだけの人が大学に勉強しようと思っているのかは、わからない。

大学に行けば就職に有利になると思ってる人もいるかもしれない。

だけど、正直に言えば、京明館高校のみんなの学力では就職に有利になるような大学に進学することはできません。

多くの企業は大学のランクを合否の物差しに入れてるのは現実。

だからこそ、みんなは大学の肩書ではなく、人間力で勝負していくしかありませんとハッキリと言い切る!

アニー:鳴海はさらに、大学のイイところは自由が増えること。

受けたい授業を自分で選択できるし、授業で起立・礼なんてこともないし、一人でいても何の問題もない。

ただ戸惑うこともあると思う。

例えば政治学部に入ったとしたら18世紀のイギリス政治に対して学ぶこともある。

今よりもこんな勉強、社会で何の役に立つんだよ!

って思うようなこともあるかもしれない。

だけど、専門的なことを学ぶのが大学だから、卒業するためだけに学ばなければいけないこともあるとのこと。

ナナ:でも鳴海はそこで学ぶのは学業だけではないと語る。

鳴海は大学に行くといろんな人間と出会ったと話す。

熱く議論をし合って成長できたとのこと。

アニー:鳴海は今回生徒のみんなに指摘されて問題に気付くことが出来た。

人と人は正面からぶつかって行動していかなければならないことを生徒が鳴海に思い出させてくれたと鳴海は話す。

さらに、鳴海は生徒達に語り続ける。

大学に行くみんなはこれからの4年間が人生を決めるくらいの覚悟で行かなければいけない。

僕たち企業の人間から見れば、ダメなやつはすぐ分かっちゃう。

どんなに自己アピールしても、どんなに話を盛っても、嘘はすぐ見抜かれる。

だからそういった場所でみんなが語ることは自分達が経験したことでなければならないと鳴海は語る。

ナナ:鳴海は、生徒達に、

君たちは10代だからこの先10年後20年後どうなるかはわからない。

将来どうなりたいか決めていてそれに向かって努力出来てればそれはそれでいい。

ただ、もし今何をしたいのかわかってなくても、それでもいい。

10代のみんなが思いつく仕事はたかが知れてるんだから。

これからみんなはたくさんの人に出会っていろんなことを考えていく。

その中で自分のやりたい仕事を分かっていく。

そうして誰かから仕事を誘われて仕事を見つけていく人はたくさんいると語る。

アニー:そして、鳴海は生徒達に、

思い通りの人生なんて絶対ないよ。絶対に。

人は壁にぶつかり、悩み考えることで自分を作り、その壁を乗り越えることで自信をつけていく。

一番ダメなのは何もしないことです。

何もしない奴にはチャンスはやってこない。

サッカーだって走ってるやつにしかパスは回ってこないと語った!

ナナ:そこに加賀谷が黙って上がり込んでくる(;^_^A

アニー:鳴海は加賀谷の姿を確認した後、覚悟を決めて自分に言い聞かせるように生徒達に語る!

”これから京明館高校は変わっていきます。

でも、皆さん3年生も大事な生徒であることは変わりません。

卒業までの5カ月。

最後まで自分と向き合って、友達を大事にし、できれば後輩を励まし、充実した高校生活を過ごして下さい。”

と語って鳴海は話を終えた♪

こちらをクリックして、まずは2週間無料でお試し☆彡

4話Fin☆彡

 

「先に生まれただけの僕」4話ネタバレまとめ♡

Thank you

アニー:「先に生まれただけの僕」4話終わったね♪

いや~今回の鳴海、むっちゃくちゃ熱かったね!!!

ナナ:かなり心揺さぶられたわ!!

アニー:生徒達に、

”この高校のレベルでは就職に有利になるような大学には行けない”

ってハッキリ言うとか物凄いよね(;^_^A

ナナ:生徒も内心では気付いてはいても、実際に校長から言われるとはって感じだよね( ̄▽ ̄;)

アニー:でも、その上でどうしていくべきかについてもちゃんと指導してるから、へこむよりも熱い気持ちが湧き上がってくるよね♪

ナナ:いや~鳴海良かったわ~☆彡

アニー:ただ、今回加賀谷が鳴海の話を聞いて黙って帰っていったけど、かなり鳴海にイラついてるから今後、かなり鳴海不利な状況に追い込まれそうだね(;^_^A

ナナ:果たして、次回5話ではどんな展開&結末が待ってるのか要注目だね☆彡

アニー:次回5話でも鳴海の激熱トークに期待していこう!

ということで、以上、ドラマ「先に生まれただけの僕」4話のネタバレになります♪

最後まで読んで下さり、ありがとうございました♡

次回5話でまたお会いしましょう☆彡

See you~♡