スポンサーリンク

 

 

 

100manen-no-onnatachi-5wa-netabare

こんにちは!アニーです♪

当ブログにご訪問下さりありがとうございます(^^♪

ドラマ「100万円の女たち」5話放送されましたね♪

前回4話では、みどりの生い立ちが明らかになりましたね☆彡

 

そして、美波のもう一つの顔も買いまみることができました(;^_^A

今回5話では、なんと菜々果が招待状の送り主が誰なのか気付くようです!

果たして、5話ではどんな展開が待っていたのでしょうか!?

 

ということで「100万円の女たち」5話についてネタバレしていきたいと思います(^^♪

 

ドラマ「100万円の女たち」5話予告動画ネタバレ♪

100manen-no-onnatachi-5wa-netabare

それでは、ドラマ「100万円の女たち」5話の予告動画あがりましたので、載せますね(^^♪

果たして、5話の予告動画はどんな感じでしょうか!?

5話の動画はこちらになります♡

(「100万円の女たち」予告動画)

 

5話では、慎と菜々果が、何やら男女の一線を越えてるようですが・・・(;^_^A

ということで、さらに詳しく5話のあらすじに迫っていきましょう☆彡

 

ドラマ「100万円の女たち」5話予告動画(あらすじ)&みどころネタバレ♪

100manen-no-onnatachi-5wa-netabare

それではドラマ「100万円の女たち」5話のあらすじについてネタバレしていきたいと思います(^^♪

果たして、5話ではどんな展開が待っているのでしょうか!?

「100万円の女たち」5話あらすじネタバレ・スタート~!!

今回は明日にでも結婚したい、アニーちゃん、ナナちゃんが話し合っています♪

登場人物:アニー、ナナ

登場人物についてはこちら♪

登場人物紹介

 

佑希の素性が明らかになるか!?

アニー:それじゃあ、5話のあらすじとみどころの方、ネタバレしていこう♪

ナナ:前回はみどりの生い立ち、素性が明らかになったけど、今回は佑希の素性が明らかになるのかな??

アニー:佑希はだいたいにおいて優しくて、今まで慎に優しい言葉をかけてくれたり、4話では悩みの淵にいたみどりを優しく包んでくれた。

ナナ:ただ、4話では、そんな優しい佑希から思いもかけないことをみどりに提案された(^_^;)

アニー:みどりと同じ児童養護施設にいた武がみどりから1億円もの金額をせびろうとしたことに対して、佑希は、

”その男、排除しましょう”

という提案をしたよね(^_^;)

ナナ:そこで佑希は美波に頼んで、武を亡き者にしようと企んだわけだけど・・・。

アニー:まさか佑希からそんな提案がさらっと出るとは思いもよらなかった(^_^;)

ナナ:そんな佑希だけど、何度かチラっと佑希の個人的なシーンが映る中で、誰かの看病をしてる感じだったよね。

アニー:今回5話の予告動画では、その看病している相手に対して、

”1年間も一体どんな夢見てるんですか?”

って聞いてるね。

ナナ:佑希が看病している人は寝たきり状態なのかな??

アニー:そこら辺の事情が今回5話では明らかになりそうだね(^_^;)

 

暗躍する花木ゆず??

アニー:予告動画の中で何やら花木ゆずが怪しい笑顔を浮かべてるね(^_^;)

ナナ:慎が大っ嫌いな、あの小説家ね(苦笑)

アニー:そう(笑)

それで、恐らく花木ゆずは菜々果になんだけど、予告動画の中で、

”思い通りに動いてもらうよ”

ってことを言ってる(^_^;)

ナナ:この二人の関係は一体どういうことなんだろうね??

何か、非情に怪しいのは伝わってくるね(;´Д`)

アニー:二人は3話の出版社の記念パーティで初めて出会った感じだよね?

そこから一体何があったんだろう??

ナナ:この花木ゆずの言う、”思い通り”っていうのが何なのか要注目だね!

 

菜々果と慎が男女の一線を越える!?(;’∀’)そして菜々果から衝撃的発言が!?

アニー:そして、この予告動画の中でも、最も衝撃的だったのは、

”慎と菜々果が一緒にお風呂入ってる!?”

っていうところだよね(^_^;)

ナナ:もうこれ、完全に男女の一線越えてるでしょ(;’∀’)

アニー:間違いないねm(__)m

ナナ:これはどういう経緯でこうなったのか、凄い気になるね(^_^;)

アニー:さらに気になることとしては、一緒にバスタブに浸かりながら菜々果が発言したこと!

”私、招待状の送り主、わかったよ”

ナナ:なんやて~!!

ここに来て、ついに送り主の正体がわかった!?

アニー:かなりこのドラマの真相の部分だからね(^_^;)

めっちゃ気になるとこだね!

ナナ:果たして、この送り主が誰なのか5話で明らかになるのか?

アニー:それとも次回以降に持ち越されることになるのか??

5話要ちゅもうもく!

(参考:「貴族探偵」公式サイト)

 

スポンサーリンク

 

 

 

ドラマ「100万円の女たち」1話から5話(最新話)までの見逃し配信を見る方法♪

douga

ドラマ「100万円の女たち」ですが、こちらはNetflixとテレビ東京の見逃し配信で見ることができます♪

テレビ東京の見逃し配信では、ドラマが地上波で放送されてからの1週間は無料で見ることが出来るんですね♪

 

なので、録画忘れた!っていう心配も要りませんし、仕事やお出かけで帰れなかったりしても安心して見れるのでイイですよね~♪

また、この1週間のうちの見逃し配信についてはNetflixへの登録はしないでも見れるので使いやすいですね♪

 

もし、1週間以内に見れなかった~という場合には、テレビ東京の見逃し配信に登録すれば、過去の放送やフジテレビでの今までのドラマだったり映画やアニメなども見ることができます♪

 

ただし、ドラマ「100万円の女たち」に関して言うとこちらはNetflixのオリジナルドラマになりますので、Netflixが先に配信されてから、その1週間後にテレビ東京で放送になりますので、最新話をすぐに見たいという方は、Netflixへの登録をオススメします♪

 

Netflixでは、「恋アニ」でも取り上げてる「テラスハウス-ALOHA STATE」もNetflixで配信中です♪

Netflixは、一番安いベーシックコースが月額650円(税抜)で見放題になってます☆彡

今なら初月に関しては特典として無料となっていますのでお得に見れます♪

そんなNetflixへの登録はこちらからできます♪

Netflix

ドラマ「100万円の女たち」5話ネタバレ&感想♪

100manen-no-onnatachi-5wa-netabare

☆ネタバレ追記!(2017年5月5日)

それではドラマ「100万円の女たち」5話ネタバレを書いていきたいと思います♪

見逃し配信見てからという方はここから先は読まない方がいいかと思うので、見逃し配信見てからぜひ読んでください♪

それではいきます!

「100万円の女たち」5話ネタバレ&感想Go!!

 

スポンサーリンク

 

 

 

5話ストーリーダイジェスト♡

○佑希の過去を回想→佑希の素性のまとめで書いてます♪

 

○美波、隣にみどりを乗せながらその車で武を思いっきりひく。

→武は瀕死の状態。なので、もう一度砂子にひかせようとする(^_^;)

→みどりは思わずヤメテ!と叫ぶ!

→車はギリギリで止まるが、後始末を砂子にみどりは頼む(;’∀’)どうやら行方不明者にしようとしてるらしい。

→みどりは何とか美波に頼み、武にトドメをさすことを止めさせる。

→美波はみどりに人は甘える時は甘えることが大事と言う。

○慎は花木ゆずとの対談を桜井から渡され読む。

→その中で美波がこの5人の中で誰が一番タイプか聞く。性格だけでいいと条件付きをする。

→慎は性格だけなら佑希がいいなと答えたところ、佑希から衝撃的真実が明かされた!→佑希の素性については後ほど書きますね(^^♪

→美波は慎に”小説の恋、終了!”と言うと、慎は”恋してたわけじゃないから”と反論。するとみどりとひとみはこの反論に機嫌を損ねる(;^_^A

○桜井は慎に”洗い物は僕がやるので小説のラストスパート命がけで書きあげて下さい!”と頼む♪

○美波と佑希からちょっとディスられ書く意欲がなくなり慎はお風呂掃除に行く(苦笑)

○実は、慎はこの小説をなんとかしないと出版社に居られないらしい(;^_^A

○菜々果は花木ゆずとの対談の仕事が入る。

→菜々果は慎に”何で売れてないのに小説家やってるのか?”聞く(^^♪

→慎は、”僕の小説は売れてないけど、好んで読んでくれてるから。””自分自身小説が好きだから(^^♪””誰かが小説を好きになるきっかけになったら嬉しい♪”

→みどりは小説読んだ♪佑希は読んだことない(笑)

→菜々果は”佑希と話すのめずらしくない?”と笑顔で言ったところ、佑希は”私バカと話すの嫌いなんです。”と笑顔で返した(苦笑)

○佑希は病院へ向かう。→ここで佑希の素性がさらに詳しく明かされます♪こちらも佑希の素性として後でまとめますね(^^♪

○慎は買い物から帰ると小説に取り掛かる。

○花木ゆずと菜々果の対談が慣行される!→後ほど個別で書きます♪

○佑希が本を読んでいると森口が通りかかり、佑希に話しかける。

→森口は佑希に”何故慎のような男に肩入れするのか?”聞く。

→佑希は、”あなたみたいに自分の価値観を押し付けようとする人が嫌い”とぶつける。

→森口は”評論家の使命として誰の役にも立たない悪書を世間から葬ることも大切な役目”と主張(;^_^A

→またまた森口は”慎の小説は絶対に売れない”と断言。”物事には結論が必要。そうじゃないと一人の人間としてブレる。””僕の評論に賛同してくれる人は大勢いる”と主張。

→佑希は”知識があっても知恵がなければ意味ない””結論の多い人間は信用しない””しるの浅い人間は嫌い”と主張。

○慎はついに小説を書きあげる♡題名は”漂う感情”

○花木ゆずは帰り道、菜々果を気に入ったと言いながら、編集者の三浦に今の出版社で本を出すことを辞めようと思うと告白。

→これはただの気まぐれとのこと。

→菜々果とプライベートで会う機会を作ってくれれば、また小説を出してもいいと条件を付ける。

→花木ゆずは携帯で菜々果の画像を見ながら”僕の”思い通りになってもらうよ”と呟く(^_^;)

○慎がお風呂に入っていると菜々果が”私も入ってイイ?”と言い、ダメだと言う慎の言葉を振り切り、お風呂に入る(;^_^A

→その中で、慎に”招待状の送り主がわかった”と告白。

→どうやらその人物は招待状を送った本人であることを隠す演技をしているようだが、菜々果はプロの女優の為、その演技を演技であると見破ったよう(^_^;)

→菜々果は慎に”上手に嘘を付くのよ。一番上手に嘘を付いた人間が最後まで残るわ”と意味深発言(^_^;)

→慎はその送り主とは誰か?ということを菜々果に聞くと、菜々果は”もちろんミッチーの良く知ってる人だよ。誰だと思う?”と逆に問いかけて5話の幕を閉じた♪送り主って、だ、誰だ~!!

5話FIN♡

 

5話の注目シーンに迫っていこう♡

100manen-no-onnatachi-5wa-netabare

佑希の素性が明らかに!佑希の素性はいかに!?

アニー:今回、佑希の素性が明らかになったね♪

ナナ:マジっすか!?って感じだった(笑)

アニー:まず、佑希の素性としてネタバレすると、

佑希は”既婚者”だった!!

ナナ:結婚してたんだ!

って感じだったよね(^_^;)

慎をはじめ桜井やその他の女もビビってた(笑)

アニー:それで佑希の旦那の名前は”けいすけ”という名前のようで、不動産の経営をやってるらしい(;^_^A

ナナ:佑希は100万円も慎に毎月家賃を払ってるからどんなセレブだ?と思ったら旦那さんが社長さんだったんだね♪

アニー:ただ、ちょっと訳アリみたいで、けいすけは1年間寝たきりで入院しているみたいだね。

ナナ:何で、けいすけが寝たきり状態になったのかまでは明かされなかったけど、けいすけを見るとかなりの老齢に見えるから年齢も関係してるのかもしれない。

アニー:それで、佑希がけいすけの病院に行って、けいすけに共同生活が半年経ったことやけいすけと結婚していることもみんなに言ったことを寝たきりのけいすけに報告。

その中で佑希とけいすけの回想シーンがあって、そこで結婚の経緯が明かされたね♪

ナナ:佑希は21歳の頃、けいすけの屋敷でメイドをやっていた。

すると突然佑希はけいすけからプロポーズをされるという事態にあう(^_^;)

アニー:けいすけは、さすがにこの老齢の自分からのプロポーズなんて嫌だよねとダメもとの様子だったけど、佑希はなんとそのプロポーズを快諾(^_^;)

ナナ:佑希凄いわぁ(^_^;)

アニー:けいすけからのプロポーズを快諾した後、佑希はけいすけに、

”何故、佑希を選んでプロポーズをしたのか?”

を尋ねた。

ナナ:そんな佑希の疑問に対して、けいすけは、

”理屈では説明できないことがある。今がそうだ。”と答える(^_^;)

アニー:何とも言えない感じだね(;^_^A

でも、佑希はそのけいすけからのプロポーズが嬉しかった♪

佑希の会話から、佑希の人生はそれまで不遇だったことが垣間見れた。

ナナ:どんな不遇な人生だったのかはこれからまた徐々に明かされるんだろうね♪

アニー:うん♪

そして、佑希は最後、けいすけに、

”けいすけが作ってきたものを守るから早く楽になって下さい”

というように語った。

ナナ:けいすけは不動産の社長で大金持ちなのはわかるけど、”作ってきたもの”の具体的なことは言ってないから何やら秘密がある気がするね(^_^;)

アニー:そこら辺はこれからのみどころとなっていきそうな気がする♡

 

 花木ゆずと菜々果の対談開始!菜々果は笑顔で花木ゆずを貶める!?

アニー:最後に、今回の注目シーンは菜々果と花木ゆずの対談だね♪

ナナ:菜々果は3話での出版パーティでの席上でも、花木ゆずとの握手で、笑顔なんだけどちょっと嫌そうに手を離したりして、何やら伏線を張ってたよね♪

アニー:うん♪

そして、今回も笑顔で花木ゆずをガンガン貶めてた(笑)

ナナ:ゆる~い感じなんだけど、ガッチリ噛みついてる感じだよね(^^♪

アニーその菜々果の噛みつき具合を花木ゆずとの対談を振り返りながら見てみよう☆彡

ナナ:今回花木ゆずへの最初の質問として、菜々果は慎にした質問と同じように、花木ゆずにも”何故小説を書くのか?”を質問。

アニー:その菜々果からの質問に花木ゆずの答えは、”使命感”とのことだった。

ナナ:それに対して、菜々果は

”人間に使命なんかあるんですね~”

と笑顔でちょっと意味ありげに返す(^_^;)

アニー:花木ゆずの答えとしては、

”みんなに使命があるわけではないが、自分や菜々果のような一部の人間には使命がある”

と主張(;^_^A

ナナ:マジ、花木ゆずの答え最悪なんだけど(^_^;)

アニー:菜々果はそれに対して、笑顔で、ただジリジリと辛らつオーラを出しながら、

”私にはないと思いますけど”

と反論する(^^♪

ナナ:さらに菜々果からの問いとして、花木ゆずの使命とは何か?について、花木ゆずは、

”人々の気持ちを代弁すること”

と答える。

アニー:そしてここから菜々果の辛辣な言葉が炸裂していくことになる(^^♪

ナナ:菜々果は花木ゆずに、

”それは自分の価値を高める為に書いているってことですか?”

とさらに問いかけると

”まあ、そうとってもらっても間違いじゃない”

と、花木ゆずは答える

アニー:菜々果の辛辣スイッチがどんどん入っていったね♪

ナナ:だね♪

その花木ゆずの答えに菜々果は

”私の大好きな作家とは大違い”とあくまで笑顔でもらす(^^♪

アニー:慎への伏線を貼っていってるね♪

ナナ:その菜々果の言葉に花木ゆずは、

”その人は僕よりも売れているんですか?”

と菜々果に問いかけ、菜々果は、

”近々新作が出てそうなるかもしれない。”

と、花木ゆずに告げる。

アニー:菜々果が花木ゆずにバチバチモードを仕掛けて行ってるね♪

さらに菜々果は花木ゆずに、

”今後も代弁者として小説を書いていくんですか?”

と問いかける。

ナナ:その菜々果の問いに対して、花木ゆずは、

”これからは代弁者としての立場はやめて、誰も書いたことのない小説を書いていこうと思う””今までにない新しい感情を生み出す”

と菜々果に告げる。

アニー:こっから畳みかけるように菜々果は、

”随分思い上がってるんですね”

と辛辣になっていく。

さらに菜々果は辛辣度をアップさせるように、

”新しい感情の小説って読者に共感してもらえるのか?”

と、花木ゆずに投げかける。

ナナ:そんな菜々果の問いに花木ゆずは、

”誰も到達できない表現への挑戦。それも僕の使命”

と主張。

アニー:そして菜々果は花木ゆずにトドメを刺すかのように、

”それは趣味として日記に書いた方がいい”

と、ぶっこむ(笑)

ナナ:そんな菜々果の発言に対し、花木ゆずは、

”それだと僕が存在してる価値がない。僕が言ってることわかりますか?”

と、菜々果に質問するけど、

菜々果は”全然わかんないです”と笑顔で返答(笑)

アニー:菜々果と花木ゆずの対談、菜々果のシナリオ通りにことが進んだみたいだね♪

ナナ:菜々果というか桜井の思惑通りという事っぽいけどね♪

アニー:慎はついに新作を書き上げることが出来たし、その露出への道を着々と菜々果が開いてる感じあるね☆彡

ナナ:今回の花木ゆずの対談の答え、本当ウザかったから、慎に逆転して欲しいわぁ(笑)

アニー:次回6話では何やらこの慎の新作が新たな展開を見せそうだよね♪

ナナ:気になる~!

アニー:これは次週6話も要チェックだね!

 

「100万円の女たち」5話ネタバレ&感想まとめ♪

Thank you

いかがでしたでしょうか?

今回の「100万円の女たち」5話では、佑希の素性が明らかになりました!

そして、菜々果は花木ゆずとの対談で慎の存在を世間に匂わせるようにことを運んでいますね♪

さらに菜々果は招待状の送り主が誰だかわかったと慎に告白してました!

 

これは、ストーリーが大きく動き出していきそうな予感プンプンです!

そんな次週6話では、果たして慎と5人の女達にどんな展開が待っているのでしょうか!?

次週6話も絶対チェックしていきましょう♪

 

ということで以上、ドラマ「100万円の女たち」5話のネタバレ&感想でした☆彡

最後まで読んで下さり、ありがとうございました♡

 

 

スポンサーリンク