スポンサーリンク

 

 

 

100manen-no-onnatachi-7wa-netabare

こんにちは!アニーです♪

当ブログにご訪問下さりありがとうございます(^^♪

ドラマ「100万円の女たち」7話放送されましたね♪

前回6話では、ひとみの素性が明らかになりました☆彡

そして、慎は日本最優秀文学賞に選ばれることができました!

しかし、その反面、慎と達之の関係が世間にクローズアップされる事態へと陥ってしまいました(;・∀・)

 

そんなドラマ「100万円の女たち」ですが、果たして、7話ではどんな展開が待っていたのでしょうか!?

ということで「100万円の女たち」7話についてネタバレしていきたいと思います(^^♪

 

ドラマ「100万円の女たち」7話予告動画ネタバレ♪

100manen-no-onnatachi-7wa-netabare

それでは、ドラマ「100万円の女たち」7話の予告動画あがりましたので、載せますね(^^♪

果たして、7話の予告動画はどんな感じでしょうか!?

7話の動画はこちらになります♡

※アップされたら載せますね♪

(「100万円の女たち」予告動画)

 

7話では、慎や同居してる5人の女達もてんやわんやになってますが、何やら最悪の事態が起きてそうな感じです(;・∀・)

い、一体何が起こったんだ~?

ということで、さらに詳しく7話のあらすじに迫っていきましょう☆彡

 

ドラマ「100万円の女たち」7話あらすじ&みどころネタバレ♪

100manen-no-onnatachi-7wa-netabare

それではドラマ「100万円の女たち」7話のあらすじとみどころについてネタバレしていきたいと思います(^^♪

果たして、7話ではどんな展開が待っているのでしょうか!?

「100万円の女たち」7話あらすじ&みどころネタバレ・スタート~!!

今回は明日にでも結婚したい、アニーちゃん、ナナちゃんが話し合っています♪

登場人物:アニー、ナナ

登場人物についてはこちら♪

登場人物紹介

 

押し寄せるマスコミの波(^_^;)

アニー:それじゃあ、7話のあらすじとみどころを見ていこう♪

7話では前回6話で慎が新刊「漂う感情」の発刊により日本最優秀文学賞に選ばれることができたけど、その記者会見上で、慎と達之の関係がバレてしまった(^_^;)

ナナ:受賞の喜びが吹き飛ぶような事実が世間にクローズアップされる事態へと陥ってしまうよねm(__)m

アニー:それで、予告動画見てると、慎の家にもマスコミがハンパなく押し寄せてきてるみたい(^_^;)

ナナ:家にまで来てるってことは、慎が5人の女達と同棲してることも絶対取り上げられるよね(;’∀’)

アニー:だよね~(^_^;)

プラスの評価のみでとどまってればこれもいい方向に面白く取り上げられるだろうけど、この状況だと、完全にヤバイ方向に行くのは必至だよねm(__)m

ナナ:果たして、慎や女達はどうなっていくのか要チェックだね!

 

菜々果と慎がキス♡そしてひとみはご立腹!?

アニー:そんな女達だけど、その中でも菜々果が今回、なにやら慎とかなり仲良い感じになるみたいだね♪

ナナ:前回ラストで菜々果と慎は一緒にお風呂入ってたもんね♪

アニー:菜々果はだいぶアグレッシブに慎と接してるよね(^_^;)

お風呂も慎が入ってるところに半ば強引に入ってきた感じだし(^_^;)

ナナ:それで、今回は予告動画見てると、菜々果は慎とキスしてるよね!

アニー:しかも何か外でっぽいよね?

慎はある意味、今時の人で、かつ、菜々果は世界的大女優だけど、マスコミの餌食にされそうだよね(^_^;)

ナナ:それもだけど、うちの中でも、慎と菜々果の関係に対してひとみが噛みついてる感じが伺えるよね(^_^;)

アニー:外でもうちでもややこしい感じがあるねm(__)m

ナナ:果たして、女達を巡って慎はどんな状況になっていくのかも要注目だね(^_^;)

 

崩れ去る天国(^_^;)悪夢の始まり・・・(;’∀’)

アニー:そして、今回の最大の注目ポイントは予告動画で誰かが血を流してたところだよね!(;゜゜)

ナナ:恐らくこれって女達の誰かだよね?(><)

アニー:そ、そうだね(^_^;)

しかもただ怪我したとか、そういうレベルじゃなく・・・命に関わってる予感ムンムンだよね?(;_;)

ナナ:ここに来て、本格的に女達を巡って慎の運命が動き出してくるみたいだね(^_^;)

アニー:慎にとって耐え難い現実(><)

だって、慎の小説の信念として、”誰も亡くならない”っていうのを掲げてるにも関わらず、自分の近くの人がそうなってしまうって一番の悪夢だよね(;_;)

ナナ:この被害にあったのは女達の中の誰なんだろうね??

アニー:そこら辺の詳細は放送を待つばかりだね(^_^;)

果たして、誰が被害にあってしまったのか?

そして、慎はこの状況に何をどう思うのか?

7話、要チェックだ!

(参考:「100万円の女たち」公式サイト)

 

スポンサーリンク

 

 

 

ドラマ「100万円の女たち」1話から7話(最新話)までの見逃し配信を見る方法♪

douga

ドラマ「100万円の女たち」ですが、こちらはNetflixとテレビ東京の見逃し配信で見ることができます♪

テレビ東京の見逃し配信では、ドラマが地上波で放送されてからの1週間は無料で見ることが出来るんですね♪

 

なので、録画忘れた!っていう心配も要りませんし、仕事やお出かけで帰れなかったりしても安心して見れるのでイイですよね~♪

また、この1週間のうちの見逃し配信についてはNetflixへの登録はしないでも見れるので使いやすいですね♪

 

もし、1週間以内に見れなかった~という場合には、テレビ東京の見逃し配信に登録すれば、過去の放送やフジテレビでの今までのドラマだったり映画やアニメなども見ることができます♪

 

ただし、ドラマ「100万円の女たち」に関して言うとこちらはNetflixのオリジナルドラマになりますので、Netflixが先に配信されてから、その1週間後にテレビ東京で放送になりますので、最新話をすぐに見たいという方は、Netflixへの登録をオススメします♪

 

Netflixでは、「恋アニ」でも取り上げてる「テラスハウス-ALOHA STATE」もNetflixで配信中です♪

Netflixは、一番安いベーシックコースが月額650円(税抜)で見放題になってます☆彡

今なら初月に関しては特典として無料となっていますのでお得に見れます♪

そんなNetflixへの登録はこちらからできます♪

Netflix

ドラマ「100万円の女たち」7話ネタバレ&感想♪

100manen-no-onnatachi-7wa-netabare

☆ネタバレ追記!(2017年5月19日)

それではドラマ「100万円の女たち」7話ネタバレを書いていきたいと思います♪

見逃し配信見てからという方はここから先は読まない方がいいかと思うので、見逃し配信見てからぜひ読んでください♪

それではいきます!

「100万円の女たち」7話ネタバレ&感想Go!!

 

スポンサーリンク

 

 

 

7話ストーリーダイジェスト♡

アニー:まずは、7話のストーリーをダイジェストで見てみよう♪

今回のストーリーの流れは以下のような感じです♪

 

〇菜々果の過去の回想~女優としての撮影シーンが流れる。

〇慎の家にマスコミが押し寄せる(^_^;)

→美波は椅子を投げて追い返す(^_^;)

〇慎は家にいない。

→慎は大人の遊び場で時を過ごす♪

→ほたるから”どうしようもないくらい好きになったことってないでしょ?”と言われる。

→5年前の彼女のことを思い出す。

〇花木ゆずの編集者である三浦は桜井に”菜々果と花木ゆずがプライベートで会えるように取り繕って欲しい”と懇願。

→桜井は”何とかするよ”と力なく言う。

→桜井は慎の現状によって精気を失っていた。

〇ニュース番組で慎の日本最優秀文学賞の取り消しはないと報道される。

→花木ゆずはその時、「漂う感情」を読んでいた。

〇慎は帰り道。

→菜々果が突然、慎の前に現れて、”デート行こう!”と誘う(^_^;)

→慎は”みんなでご飯食べるルールでしょ?”と言うが”ルールは破るもの”と言って無理やり連れまわす(^_^;)

→女達は慎が帰ってくるか心配になるm(__)m

→美波はこの場にいない慎に向かって”ぶっ飛ばす”と一人毒づく(^_^;)

〇慎と菜々果のデート(^^♪→個別に書きますね♪

〇桜井と菜々果の暗躍が明かされる(;^_^A→個別に書きますね♪

〇慎はリビングで女達と一緒にいる。

→ひとみは全く動かないでヨガ座り(^_^;)心を鎮めるポーズらしい(笑)

→週刊誌にモザイク入りの裸の美波の写真が載る(;’∀’)”女達のリーダーか!?”と書かれる(笑)

→ひとみは慎に”菜々果と付き合ってるの?”と無表情の怒りをたたえながら聞く(;’∀’)

〇菜々果は花木ゆずとプライベートで会う事に(^_^;)

 〇ひとみはまたまたヨガポーズ(笑)

→慎はそんなひとみをずっと見ていて”ひとみちゃんのことずっと見てたら好きになったりするのかな?”ということで見てたらしい(苦笑)

→ひとみが”なりました?”と笑顔で聞くと、慎は表情変えずに”今んとこはまだ”と発言(爆)

→そんな慎にひとみはガッツリ頭突きをする(爆)ひとみは慎に”3回亡くなったらいいと思う!”というように吐き出す(笑)慎、ガチで痛そう(笑)

〇花木ゆずによる菜々果との一方的デートが始まる(;^_^A→個別に書きます(^^♪

〇家にいた慎は菜々果から”今から帰るからお風呂沸かしておいて”との電話を受ける。

→菜々果は今日の仕事超長いし、超つまんなかったと不満気に話す(^_^;)

→さらに”今度、こないだのデートの続きしてみる?”と語る♡

〇まだ日が出ない時間、美波が帰宅し、慎を起こし”みんなを起こしてきて”と催促。なにやらただならぬ雰囲気に包まれる(^_^;)→個別に書きます!

7話FIN♡

 

7話の注目シーンに迫っていこう♡

100manen-no-onnatachi-7wa-netabare

 慎と菜々果のデートで交わされた約束と・・・♡

慎と菜々果のお忍びデート☆彡

アニー:それじゃあ、7話の注目シーンを見てみよう☆彡

ナナ:今回、慎は半ば強引に菜々果と夜デートに行くことになったね(^_^;)

アニー:こんな世界的女優にデートを誘われるってどういう気分なんだろね??(笑)

ナナ:普通の男性なら失神ものだけど、慎はちょっと前までそうとは知らず半年間も一緒に暮らしてたからね(笑)

アニー:普通の人とはまた違った驚きって感じだね(笑)

それで、まず二人はご飯を食べに行くけど、行き先は普通のラーメン屋さんだったね♪

ナナ:菜々果ってこういう一般的なとこ行ったことなさそうだよね(^_^;)

アニー:というか行けなさそう(苦笑)

慎としても”ここでいいの?”

って感じだったしね(^_^;)

ナナ:その頃、なかなか帰ってこない慎と菜々果に対して女達は訝しげ(;^_^A

アニー:ひとみが思わず、

”慎君は菜々果さんといるのかな?”

ってこぼしてたね(^_^;)

ナナ:そして美波はこの場にいない慎に向かって、再び”ぶっ飛ばす”と一人毒づいてた(苦笑)

アニー:本気でバイオレンスな舞台が繰り広げられそうで怖い(爆)

ナナ:次に慎と菜々果はバーに行った♪

こういう夜の雰囲気が菜々果はやっぱり似合うね♪

アニー:この中で慎は菜々果に、「漂う感情」が40万部越えたことを告げたね☆彡

ナナ:ただ、慎はそこまで嬉しくないみたい。

”みんな死刑囚の息子の本っていうことで読んでるだけ”

と慎は菜々果に語る。

アニー:でも菜々果は慎に

”面白かったよ!”

って本気で言ってたね♪

そして、慎の本は全部読んでるということも明かした☆彡

ナナ:それで、ここから慎はルール違反ついでにもう一つルールを越えた質問をする!

アニー:慎は菜々果に、

”何故うちに来たのか?”

っていうことを聞いたね(^_^;)

 

菜々果が語る自身の過去!そして慎と交わすある一つの約束♡

 アニー:慎がした質問にダイレクトに応えるわけではないけど、菜々果は自分の過去と本当の思いを語り始めた。

ナナ:菜々果は幼い頃から女優と活躍。

それも世界的女優として華々しい活躍をしていた。

アニー:でもいつしか菜々果は芝居を楽しめなくなってた。

ナナ:自分が自ら本当にやりたいって思える役柄と出会えてなかったっぽいね。

アニー:それで菜々果は”自分がやりたいと思える役だけを演じることに決めた”っていうことを慎に語る。

ナナ:”それがみんなを幸せにすることだと思った”とのことだね♪

アニー:そして、菜々果はある約束を慎にお願いする!

ナナ:その約束とは、

”「漂う感情」が映画化されたら自分に主演をやらせて欲しい”

っていうことだね♪

アニー:菜々果曰く、

”この主人公は私が一番表現できる。

初めて読んだ時、理屈抜きでどうしてもやりたいって感じた。”

とのことだったね♪

ナナ:「漂う感情」は菜々果の夢となった感じだね☆彡

アニー:慎はこんな風に、人に夢を与えられる小説を書けたっていうの凄いよね!

そしてまた、世界的女優から直談判されるって、これは慎としては本気で嬉しいでしょ!

ナナ:非現実的ではあるけどプライベートな繋がりからも個人的な感情として嬉しいよね☆彡

アニー:何より、慎の小説のいちファンとしての叫びだったからね☆彡

ナナ:そんな菜々果の思いに対して、慎は、

”宜しくお願いします。”

と頭を下げる♪

アニー:その慎の菜々果との約束に、菜々果は喜びテキーラを頼む(笑)

ナナ:菜々果めっちゃお酒強いことが明らかになった瞬間でもあった(笑)

 

菜々果が贈る突然の・・・♡

アニー:慎は完全にテキーラにやられてデートの帰り、めっちゃ吐く(苦笑)

ナナ:さすがにテキーラはヤバいでしょ(笑)

アニー:そんな慎に菜々果はハンカチを渡してふいてと言うが、慎は全然ふけない(;^_^A

ナナ:あまりの普通のそぶりに予告動画がなければこれがフリになってるなんてわからないくらい自然だったね☆彡

アニー:そうだね(笑)

全然ふけてない慎に対して渡したハンカチを取りながら菜々果は、

”全然ふけてないじゃん。ふきずらいからこっち来て。”

と言って菜々果がふこうとする。

ナナ:すると菜々果はまさかの!

”キス!”

アニー:菜々果姫キター!!!

まさかの展開に慎はビビる(;’∀’)

ナナ:菜々果は、

”くっさ~(笑)

でもミッチーの唇柔らかくで気持ちいい♡”

と言いながら、再びキスをする☆彡

アニー:前回から一緒にお風呂入ったりとまさかの展開に驚きだよね(^_^;)

ただ、これがまさかのスキャンダルとなる(^_^;)

 

桜井と菜々果の暗躍に驚き(^_^;)また菜々果の新たな一面が明らかに♪

アニー:そんなキスをした慎と菜々果だったけど、そのキスがまさかの週刊誌にスクープされるというスキャンダルにあう(^_^;)

ナナ:ただ、このスクープに関して、実は桜井が菜々果にお願いして仕組んだものだった!!

 アニー:慎が菜々果とデートした時点では40万部を越えたとこだったけど、このスクープ後は60万部を超えたっていう大盛況ぶり(^_^;)

ナナ:様々な話題をさらってる感じだね(;´・ω・)

アニー:今回桜井と菜々果は菜々果の部屋で話してたけど、その中で菜々果の趣味が椅子集めだと判明したね♪

ナナ:菜々果の椅子好きはきわまって、寝る時も椅子らしい(^_^;)

子供の頃から撮影現場で椅子で寝てたから椅子で寝ることに慣れたとのこと(;´・ω・)

アニー:さすが世界の大女優☆彡

そんな菜々果は桜井に

”私も協力したんだからミッチーのことお願いしますね”

と慎の今後をお願いする。

ナナ:そして桜井は菜々果からの申し出を受け入れるとともに、菜々果にもうひとつお願いする(^_^;)

 

菜々果、花木ゆずをフルボッコ(;’∀’)大女優の風格ここに!

アニー:桜井が菜々果にお願いしたことは、花木ゆずとプライベートで会ってほしいっていうことだったね(^_^;)

ナナ:菜々果はそんな桜井のお願いにまたも応えてくれる(苦笑)

アニー:菜々果は桜井のお願いはかなり聞いてくれるよね(;・∀・)

ナナ:それで菜々果は花木ゆずと会うことになったけど、花木ゆずは菜々果と会わない方が良かったんじゃないか?

っていうくらいの惨状を迎えることになるね(^_^;)

アニー:以前の対談インタビューよりも露骨に菜々果はモノ申してたね(苦笑)

ちょっと、その菜々果と花木ゆずの会話を見てみよう♪

ナナ:花木ゆずは菜々果に、まず慎の新刊について、

”「漂う感情」は完璧に駄作でした。

時間つぶしにもならなかった。

読んで損しました。”

と語る(^_^;)

アニー:しかし、そんな花木ゆずに菜々果は、最初からアクセルふかし気味にぶっこんでいく(^_^;)

”私も花木さんの小説「世界論」を読みました。

全く面白くなかったです。”

と笑顔で返す(^_^;)

ナナ:花木ゆずは笑顔ながらも顔をこわばらせながら、

”それは残念。ちょっと難しかったかな?”

と言うと、菜々果は、

”全然難しくなかったし、意味もわかりました。

はっきり言ってどうでもいい話でした。

出来損ないのポエム読んでるみたいで苦痛でしたよ~。”

と可愛い顔で毒づく(^_^;)

アニー:この時点で花木ゆずの精神はかなりやられ始めてる(;^_^A

そんな花木ゆずは菜々果に

”新鮮な感想ありがとうございます。”

と言うが、菜々果はさらに、

”物語の体はなしてましたけど、花木さんの自己主張を読まされてるみたいで疲れました。”

と語る(;´・ω・)

ナナ:私が花木ゆずだったら走って帰ってるわ(笑)

でも、花木ゆずはなんとか負けじと、菜々果に、

”開さんはやっぱり独創的な感性の持ち主なんですね”

と返すけど、菜々果は不機嫌そうに、

”花木さんは本当に小説のこと好きなんですか?”

と問う(^_^;)

アニー:菜々果はこの時すでにちょっと目が座ってる感じでちょっと怒気を含んでるようにも見えたね(^_^;)

けど、花木ゆずは笑顔で、

”もちろん!”

と当たり前じゃんというように答える(^_^;)

ナナ:けど、菜々果はその可愛い顔から思ってもない言葉を吐き出す(;’∀’)、

”あんたが好きなのは自分が書いた小説でしょ。”

と静かに告げ、さらに菜々果はぶっこむ!!!

”表現の商売、なめんなよ”

アニー:うわぁ!!!菜々果嬢のマジギレが炸裂!!!!!

ナナ:こうして花木ゆずは地獄に一人落とされた状態になったね(^_^;)

アニー:今後花木ゆずは慎に何を仕掛けてくるのか気になっちゃうね(^_^;)

 

そんなまさか(;’∀’)慎の前に絶対起きて欲しくなかった惨状が広がるm(__)m

アニー:そして、今回7話は衝撃的ラストで締めくくることに(^_^;)

ナナ:ちょっとこの展開はやめて~!って感じだったねm(__)m

アニー:まだ日が出ない時間に美波が帰宅した後、あることが判明する。

美波はソファーで寝てる慎を起こして、

”みんなを起こしてきて”

と催促。

ナナ:慎は美波の声や雰囲気からただならぬことが起こったことはわかった(^_^;)

アニー:そして今慎の家にいる全員で向かった先は、

”菜々果の部屋。”

ナナ:その菜々果の部屋で待ち受けていたのは!

”いつも座ってた椅子で変わり果てた菜々果の姿だった。”

アニー:まさかこんな展開になるとは(泣)

ナナ:菜々果は椅子に座りながら下腹部を刺され亡くなっていたm(__)m

アニー:菜々果これは招待状を送った人が定めたルールを破ったことへの見せしめなのかな?(^_^;)

ナナ:そう考えるのが妥当だよねm(__)m

あとは、菜々果は招待状送った人が誰なのかにも気づいてたからね(^_^;)

アニー:菜々果のキャラクターが大きくなったこの時に、いきなりこんな結末になるとは(泣)

ナナ:天国から地獄に突き落とされた感じがするよね(^_^;)

アニー:これによって女達と慎の運命が加速度的に動き出していく気がするね(;・∀・)

ナナ:果たして菜々果に手を下したのは誰なのか?

招待状お送った主の正体がもうすぐ明らかになりそうだから、これから絶対目が離せないね!

 

「100万円の女たち」7話ネタバレ&感想まとめ♪

Thank you

いかがでしたでしょうか?

今回の「100万円の女たち」7話では、花木ゆずをフルボッコにした菜々果でしたが、ラストで何者かによって葬られるというまさかの結末となりました(;・∀・)

 

いよいよかきょうを迎えてきている「100万円の女たち」ですが、次週8話ではどんな展開が待ち受けているのでしょうか!?

次週8話も絶対チェックしていきましょう♪

 

ということで以上、ドラマ「100万円の女たち」7話のネタバレ&感想でした☆彡

最後まで読んで下さり、ありがとうございました♡

 

 

スポンサーリンク