スポンサーリンク

 

 

 

100manen-no-onnatachi-saisyuukai-12wa-netabare

こんにちは!アニーです♪

当ブログにご訪問下さりありがとうございます(^^♪

ドラマ「100万円の女たち」11話放送されましたね♪

前回11話では、佑希の口から衝撃的事実が語られました!

いや~佑希、最低でしたね(苦笑)

 

そんなドラマ「100万円の女たち」はいよいよクライマックス、最終回のようです!

果たして、今回最終回・12話ではどんな結末が待っているのでしょか!?

 

ということで「100万円の女たち」最終回・12話についてネタバレしていきたいと思います(^^♪

 

ドラマ「100万円の女たち」最終回・12話予告動画ネタバレ♪

100manen-no-onnatachi-saisyuukai-12wa-netabare

それでは、ドラマ「100万円の女たち」最終回・12話の予告動画あがりましたので、載せますね(^^♪

果たして、最終回・12話の予告動画はどんな感じでしょうか!?

最終回・12話の動画はこちらになります♡

(「100万円の女たち」予告動画)

 

いかがでしょうか??

最終回・12話では、慎や女達のこれからの動きが見られるようですね!

そして、そこには慎の感情がさらに現れる!?

 

それでは、さらに詳しく最終回・12話のあらすじに迫っていきましょう☆彡

 

ドラマ「100万円の女たち」最終回・12話あらすじ&みどころネタバレ♪

100manen-no-onnatachi-saisyuukai-12wa-netabare

それではドラマ「100万円の女たち」最終回・12話のあらすじとみどころについてネタバレしていきたいと思います(^^♪

果たして、最終回・12話ではどんな展開が待っているのでしょうか!?

「100万円の女たち」最終回・12話あらすじ&みどころネタバレ・スタート~!!

今回は明日にでも結婚したい、アニーちゃん、ナナちゃんが話し合っています♪

登場人物:アニー、ナナ

登場人物についてはこちら♪

登場人物紹介

 

みどりが佑希と対決か!?

アニー:それじゃあ、最終回・12話のあらすじとみどころについてネタバレしていこう☆彡

前回11話で、佑希の口から、なぜ招待状を送り、こんな事件を起こしたのかが語られたね(^_^;)

ナナ:とりあえず、言えることは、佑希本当最悪な人間だったってことだね(;・∀・)

アニー:慎をおもちゃに遊んでた、それで遊ぶのに友達が必要だから他の4人に招待状を送ったとのことm(__)m

ナナ:それで、佑希はまた代わりのおもちゃを探すから、もう慎やみどり、ひとみにはもう何もしないとのことだった。

アニー:ただ、前回ラストで佑希とみどりが顔合わせしてたよね(^_^;)

ナナ:うん(;^_^A

これって、たぶんみどりから佑希に声かけたんだよね?

アニー:たぶん、そうだよね。

佑希はもう手出ししないって言ってたからね。

ナナ:みどりは前回砂子と語らいあいながら、自分で新しい道を作っていくっていうようなことを言ってたけど、佑希と会ってどうするんだろうね(^_^;)

っていうか、みどりも佑希の正体に気づいたのかな???

アニー:そ、そうかも(;^_^A

だとしたら危なくない!??

ナナ:いや~これはヤバいでしょ(;’∀’)

みどりも佑希に消されるのかな!?

アニー:まだ終わらない招待状ゲーム(;^_^A

果たして、佑希と会ったみどりはどうなっていしまうのか!?

二人の駆け引きに要注目だね!

 

ひとみが出した答えとは!?

アニー:前回、ひとみは千葉に、これからどう生きていけばいいかっていう相談をしてたね(^_^;)

ナナ:だいぶ非日常な生活が続いたし、ショッキングな出来事が急激に起こったから動揺するのも無理はないよねm(__)m

アニー:そのひとみの質問に対して、千葉はひとみに、

”好きなように生きればいいんだよ”

と優しく語ってた(^^♪

そんなひとみだけど、予告動画では、慎と抱き合ってたよね!?

ナナ:そうだね♪

これは慎といい関係になるってことなのかな??

アニー:ひとみは女達の中でも一番、小説家・道間慎のファンでもあったし、恐らく人間としても慎のこと好きだろうから、そうなるといいよね~☆彡

 

慎の感情が溢れ出る!?

アニー:それで、今回の放送タイトルは、「感情」なんだよね♪

慎の今回出版された本も「漂う感情」っていうことで、感情が入ってる☆彡

ナナ:慎は父・達之が罪を犯してからきっと、感情の表し方がわからなくなってるところあったと思うけど、今回はまさにそうした慎の中で眠る感情が溢れ出してくるっぽいね♪

アニー:予告動画でひとみが、慎に、

”そんな、理由や理屈がなくちゃ生きちゃいけないの?”

って語ってる♪

ここから出る答えはきっと、頭で考えた理屈ではなく、感情からしか出てこないだろう♡

ナナ:ひとみと慎のやり取りがどんな風になってどんな結末を迎えていくのか楽しみだね☆彡

アニー:最終回・12話、絶対見逃せないね!

(参考:「貴族探偵」公式サイト)

 

スポンサーリンク

 

 

 

ドラマ「100万円の女たち」1話から最終回・12話(最新話)までの見逃し配信を見る方法♪

douga

ドラマ「100万円の女たち」ですが、こちらはNetflixとテレビ東京の見逃し配信で見ることができます♪

テレビ東京の見逃し配信では、ドラマが地上波で放送されてからの1週間は無料で見ることが出来るんですね♪

 

なので、録画忘れた!っていう心配も要りませんし、仕事やお出かけで帰れなかったりしても安心して見れるのでイイですよね~♪

また、この1週間のうちの見逃し配信についてはNetflixへの登録はしないでも見れるので使いやすいですね♪

 

もし、1週間以内に見れなかった~という場合には、テレビ東京の見逃し配信に登録すれば、過去の放送やフジテレビでの今までのドラマだったり映画やアニメなども見ることができます♪

 

ただし、ドラマ「100万円の女たち」に関して言うとこちらはNetflixのオリジナルドラマになりますので、Netflixが先に配信されてから、その1週間後にテレビ東京で放送になりますので、最新話をすぐに見たいという方は、Netflixへの登録をオススメします♪

 

Netflixでは、「恋アニ」でも取り上げてる「テラスハウス-ALOHA STATE」もNetflixで配信中です♪

Netflixは、一番安いベーシックコースが月額650円(税抜)で見放題になってます☆彡

今なら初月に関しては特典として無料となっていますのでお得に見れます♪

そんなNetflixへの登録はこちらからできます♪

Netflix

ドラマ「100万円の女たち」最終回・12話ネタバレ&感想♪

100manen-no-onnatachi-saisyuukai-12wa-netabare

☆ネタバレ追記!(2017年6月23日)

それではドラマ「100万円の女たち」最終回・12話ネタバレを書いていきたいと思います♪

見逃し配信見てからという方はここから先は読まない方がいいかと思うので、見逃し配信見てからぜひ読んでください♪

それではいきます!

「100万円の女たち」最終回・12話ネタバレ&感想Go!!

 

スポンサーリンク

 

 

 

 最終回・12話ストーリーダイジェスト♡

〇みどりが佑希と会った!

→みどりは高校を辞めたとのこと!

→色んな人の生き方を見てみたいとのことだった♪

→みどりは佑希と一緒にいた中で相談に乗ってもらえて嬉しかったとのことだった。

→みどりは佑希に招待状に乗った理由を聞いた。そして事件が起こる!!個別で書きますね!

〇慎はアパートで小説を書こうとしていた。しかしなかなか書けない様子。

〇慎は一人路上を歩く。

→みどりと同じ制服の女の子を見かけてつい見入ってしまう。当然怪しい目で見られる(^_^;)

→黒いレザーのジャケット・パンツ姿の人を見ると美波に見間違える。

→その時、”みっちー”と慎を呼ぶ声がする。そこには書店があり、菜々果のポスターがあった。

→その書店にはなんとひとみが働いてる!ひとみは慎が通り過ぎるのを目撃!

→花木ゆずのでっかいポスターがビルの屋上に掲げられてるのを一人見上げた。

〇花木ゆずと森口は「セカイロン」の映像化で話し合う。

→花木ゆずは主演をありむらますみではなくオーディションで選ぶと言い始めた。

”確かに彼女なら間違いなくヒットする。

それは世の中の理屈から言って間違いない。

だけど、僕(花木ゆず)だけにしか解明できない理屈を生み出す為にそうする。

世の中での理屈では言い表せないような原石を見つけ出し、その魅力が何なのか僕が解明するんです。”

→森口はそれにとことん付き合うという。花木ゆず成長したのか??

〇桜井は書店にて呼ばれてきた☆彡

→「漂う感情」やその他の慎の書籍がコーナーとして設置されているのを見て嬉しそう☆彡

→新しいバイトが慎の大ファンとのことだった♪

→桜井は写メをとった♪

→すると、店長からそのバイトを紹介されるが、なんとひとみだった!

〇ひとみと桜井は公園で二人で語る。

→ひとみは本屋さんをやりたいと語る。本が好きだから本屋さんと(^^♪

→桜井はステキだと語る(^^♪慎も喜んでたでしょう!と桜井は言うが、”慎は何も言わずに帰ってしまった”とひとみは語った。

→”慎にとってはもうあの家での生活や女達のことも思い出したくないことだと思う。じゃなきゃ、あんな顔しないです”とひとみは語る。

→桜井は”いろいろあり過ぎましたからね。ひとみさんはそれでいいんですか?”とひとみに聞く。

→ひとみは、語る。

”仕方ないこともあります。それが慎のためなら。

私が近くにいると、きっといろんなことを思い出してしまう。

慎が幸せじゃないと私は楽しくない。

これからは一番のファンとして離れた場所から応援したい。

桜井さん、慎君のことお願いします。”

〇桜井は慎の元へ行く。

→桜井は慎に書店でとった写メを見せた♪そして、ひとみとは明かさずに”一番のファンとしてずっと応援してる”との伝言を伝える。

→慎は喜び、”ありがとうございます。お礼に言った方がいいんですかね?”と聞くが、桜井は”いや、きっといつか会えますよ”と慎に告げる。

→桜井は話題を変えて、慎の部屋の殺風景さを”寂しくありません?”と聞く♪

〇書店にて女子高生が「漂う寛恕」を語った☆彡

→読んだけど、難しくてよくわかんなかった。でも、言葉に出来ないけど面白かった。最近本好きになってきた。超新作たのしみ(^^♪とのことだった☆彡

→ひとみはその姿を見て、慎の本を手に取る。慎のことを思い出していた。

→「漂う感情」をめくりながら涙する。

〇慎が帰宅!そしてドラマが始まる!→個別に書きますね!

〇桜井のもとに電話でまた慎の小説を増刷して欲しいとの依頼が来た(^^♪

〇砂子と武は美波のお墓の前で手を合わせた。

〇ほたるは慎ではない別のお客を相手にしていた。

〇栄子は一人、庭で手入れをしていた。

〇花木ゆずは「セカイロン」が視聴率20%ととなったのを祝うインタビューを受けていた。

→次回の新作は”開かれた閉塞感”と語る。

→森口は文学界の新たな扉を開く一冊となると語る。

〇みどりは施設に1千万円の寄付をしていた。その小切手の名前には、”白川美波”とあった!

→みどりはビルの屋上にある慎のポスター”「漂う感情」がNo1ベストセラー”と掲げられてるのを見上げた。

〇慎は小説を書いていた(^^♪

→ひとみはそんな慎を見守りながら食事を用意していた♡

→慎の新たな小説のタイトルは、”僕の女たち”だった☆彡

→そして、慎の小説を書くルールが変わる☆彡”小説では人が亡くならない。それは達之が人をあやめたからではなく、個人的なルールで”と♡

最終回・12話FIN♡

(春ドラマの中で一番泣いちゃいました☆彡)

 

最終回・12話の注目シーンに迫っていこう♡

100manen-no-onnatachi-saisyuukai-12wa-netabare

アニー:それじゃあ、ラスト最終回・12話の注目シーンを見ていこう☆彡

ナナ: ついに物語が完結されたね!

っていうか、本当に面白くなかった!?

アニー:うん!もう号泣してしまった(笑)

最終回のドラマってまとめに入る部分あるから、今までいくつかのドラマでは、あまり面白いとか感情がこみ上げてくることがなかったりしたんだけど、「100万円の女たち」は違ったね☆彡

ナナ:本当良かったわぁ☆彡

 

佑希の本当の正体が明かされる!そして、その結末は!?

アニー:今回の注目シーンとしては、佑希の正体が明らかになったことだったね♪

ナナ:みどりが佑希に会いにいったことでそれが明らかになったね(^^♪

そして、さらなる衝撃的結末を迎えたけど(;^_^A

アニー:みどりは佑希に”何で招待状を受け入れたのか?”を聞いた。

ナナ:そのみどりの質問に、佑希は、

”まさか本当に人が亡くなるとは思ってなかった”

と語る。

アニー:そう佑希は言うとみどりにも同じ質問をする。

みどりは、

”自分が亡くなっても何もかわりませんから”

と話すと佑希はそんなみどりを励ます(^_^;)

ナナ:さらにみどりは”慎達にはもう会わない”ことを告げる。

その理由としては”慎のことが好きだから”。という事だった。

そして・・・。

アニー:そうみどりが言った瞬間!

佑希の背後から突如砂子が現れて、佑希のクビをロープで一気に締め上げた!!!!!(◎_◎;)

ナナ:いきなりの急展開でビックリだよね(苦笑)

そして、その砂子の締め上げに佑希は苦しむm(__)m

そんな佑希にみどりは、語る!

アニー:みどりは佑希の正体を意識が薄れていく佑希に語り掛けていく(^_^;)

”情けない顔するんですね。

矢野恵さん。

・・・矢野けいすけ。

あなたの結婚相手はフィクサーっていうやつなんですね。

莫大な財産を持って、裏警察や怖い人まで自分の道具にしてこの国を裏で操ってる。

あなたがそれを全部引き継いでるんでしょ?

全部美波さんが手紙で教えてくれました。

美波さんは私(みどり)にこう言いました。

「あなたは生きていきなさい。

私(美波)はあの女(佑希/矢野恵)には勝てない。

残念だけど、相手が悪かった。」

私、あの人の言う事聞きたくないんです。

バカなんで。

美波さんは最後の時もこんな情けない顔してなかったはずです。

あの人達には亡くなる覚悟があったんです。

あなたと違って!

開菜々果も。

塚本ひとみも。

白川美波も。

道間慎も!

みんな、あなたの道具じゃない!

悔しいですか??

矢野恵。

悔しいって大事よ。”

ナナ:そう言うと、恵は涙の中、息絶えた。

アニー:衝撃的事実だったし、それよりもみどりの決意に衝撃を受けたね(;^_^A

ナナ:さらに新たな事実がここで発覚した♪

恵/佑希が亡くなったのを確認すると、みどりは砂子に、

”行方不明にしてください。”

と告げた。

アニー:砂子はそれを了承すると、

”神田!”と誰かを呼ぶ。

そして、その砂子の呼びかけに応じて出てきたのはなんと!

みどりと施設で過ごし、ずっとみどりを脅してきた武だった!

どうやら武は美波に葬られようとした時、命は助かり、美波の配下となったようだね(;^_^A

ナナ:そして、今砂子の部下として働いてる。

武は旅行鞄に恵/佑希を詰め込んでみどりの指令通りに動いた(^_^;)

アニー:みどりは砂子に、

”すいませんでした。

こんなことお願いしちゃって。”

と言うと、砂子は、

”自分で臨んだことです。”

と語る。

ナナ:そして、武は、砂子に”行け”と合図を出されると、

”みどり、またな。”

と言って笑いかけた。

アニー:砂子はみどりに、

”みどりさん、あなたは生きて下さい。”

そう言って別れを告げた。

ナナ:みどりは、美波を一人思う。

”美波の気持ちを一生忘れない”

・・・・・。

アニー:・・・。

いや~何とも凄い展開となったね(;^_^A

ナナ:みどりは一人で生きて行く決意かためたんだね。

アニー:しかも、それは”鈴村みどり”としてではなく、”白川美波”としてね(^^ゞ

ナナ:佑希はこうして、”みどり・美波”の手によって最後の時を下されたm(__)m

アニー:こうして、招待状を送った首謀者の結末となったね♪

 

ひとみとの感動ドラマ!そして慎の新たなドラマが始まる!

アニー:そして、この物語の結末が明らかになったね!!

ナナ:いや~ここで感動の絶頂がきたね♡

アニー:滂沱の涙だったわ(笑)

ナナ:この最後のドラマとしては、

慎がいつも通り一人アパートに帰宅すると、前に女達と一緒に飼っていた猫が家にあらわれた♪

アニー:慎はもちろんビックリだけど、さらに部屋の奥にいる人物に驚いた!

ナナ:そこには、ひとみの姿があった!!

アニー:慎は鍵かけてなかったという、いかにも慎らしい感じだね(笑)

ナナ:そんなビックリしてる慎にひとみはさらに衝撃発言をする♪

”今日からここに住むのでよろしくお願いします。”

アニー:そ、そうなの!?

って感じだったね(笑)

そんなひとみの発言に慎もビックリするけど、ちょっと慎はそんなテンションじゃないみたい。

ナナ:慎は胸の中に抱えたものがあるようで、

”もう誰とも暮らさないよ。

ワンルームで狭いし、布団も一つしかないから。”

とひとみに語る。

アニー:そんな慎にひとみは、

”大丈夫、一緒に寝るから”

と言う(^_^;)

ナナ:思わず慎は、

”この家のこと誰に聞いたの?”

と聞くとひとみは桜井に聞いたとのことだった。

アニー:慎はとりあえず、

”ここペット禁止の部屋”

と言うと、ひとみは

”大家さんに交渉する”

と言う(笑)

ナナ:そんな強行なひとみに慎は聞いた。

”招待状には、命を失う可能性があるって書いてあったのに何であの家に?”

アニー:その慎の質問にひとみは、

”慎君を守る為に・・・。”

と答える♪

ナナ:そんなひとみの言葉に慎は”僕の命だと思ったんだ”と笑ったね♪

アニー:だから、ひとみは毎日ヨガするフリして見張ってたとのことだった☆彡

慎を守ろうとして、その理由は、

”最初はファンだったから。

でも、途中から好きになっちゃった。”

という告白が始まった!

ナナ:このひとみの告白に慎は驚いて、

”何で僕なんか?”

と聞く(^_^;)

アニー:そんな慎にひとみは、

”【好き】に理由なんかないよ。”

そう言って、慎の膝の上にのって抱きしめることを懇願する。

”お願いします”と。

アニー:突然のひとみの申し出に慎はどうしても抱きしめることができない。

その理由は、”誰も傷つけたくない”とのことだったm(__)m

ナナ:ひとみは慎を抱きしめながら語る。

”慎君。

家族が人をあやめてしまって申し訳ないとか、一緒に住んでいた人が亡くなってしまって責任を感じるとか。

自分はそうだから、こうだから。

だから、だから、だから

そんなに理由や理屈がなくちゃ生きてちゃいけないの?

道間慎さん。

私は理由や理屈もなくあなたのことが好きです。

それってダメなことですか?”

ナナ:でも、そんなひとみに慎は突き放すように語る(;´Д`A “`

”ほっといてよ。

嫌なんだよ、全部。

大事なものができるのも、それをまた失くすのも。

全部、嫌なんだよ。”

アニー:でも、その言葉にひとみは慎の心に染み渡るように語る。

”私にチャンスを下さい。

そばに居させてくれるだけで、それだけでいいから!

また一緒に暮らせてもらえませんか?

ねえ、慎君。

チャンスを貰えるなら、できる限りの力で抱きしめて下さい。”

ナナ:慎の腕は、心は、感情が動き始めていたね!

アニー:そんな慎にひとみはさらに語る!

”大丈夫だよ。

もう自分を許してあげて・・・。”

ナナ:慎はひとみの言葉に、ついについに!その心の扉を開いて、ゆっくりと力強くひとみを抱きしめた!

アニー:そして、抑えられない涙を慎は流して感情をあらわにして泣いた(爆涙)

ナナ:もう、感動(泣)

ひとみは、最後に優しく語る。

”大丈夫。

私は長生きするからさ”

アニー:そのひとみの決意に、慎は、

”お願いします。”

とひとみに心を許した♡

ナナ:こうして二人は新しい人生へと一歩踏み出すことが出来たね☆彡

アニー:そして、二人の新しい生活が始まる♡

いや~このひとみと慎のやり取りは本当良かった☆彡

相当キュンときたね♡

ナナ:ドラマ自体、悲惨な内容もあったけど、最後、物凄いホッコリ出来て良かった☆彡

アニー:心温まる感情が明確に私達の中で湧き出たよね(^^♪

ナナ:これは新しい感情ではないけど、ずっと大切にとっておきたい感情だね♡

アニー:しっかり揺さぶられました☆彡

でも、それは本当に幸せ♡

ナナ:これで、「100万円の女たち」も最後となったね♪

アニー:そうだね♪

これから私達もこの感情を忘れずに、この感情のパレットを手に人生を自分彩に彩っていこう☆彡

ということで、ドラマ「100万円の女たち」のネタバレに最後までお付き合い頂き本当にありがとうございました!

また別のネタバレでお会いしましょう♡

 

「100万円の女たち」最終回・12話ネタバレ&感想まとめ♪

Thank you

いかがでしたでしょうか?

ついに「100万円の女たち」も最終回を終え物語は終了しました♪

 

結末として慎の漂っていた感情は、ひとみの胸の中で明確なものとなって現れることが出来ましたね♡

ひとみとの絡みのシーンは本当に泣けました☆彡

見ていて本当に気持ちいい終わり方だったなと思いました♡

 

ということで、「100万円の女たち」はこれで終了となります☆彡

そして、次の木曜日の夏ドラマは、7月13日(木)22時からから放送される、

「セシルのもくろみ」

についてネタバレしていきます♡

また次のドラマでも、当ブログ「恋アニ」に遊びに来てくれたら望外の喜びです♡

 

※ドラマ「セシルのもくろみ」の最終回までのネタバレはこちら☆彡

※その他にもやる夏ドラマについてこちらで書いてます☆彡

2017年の夏ドラマネタバレ♡

 

ということで、以上、ドラマ「100万円の女たち」最終回・12話のネタバレ&感想になります♪

最後まで、ドラマ「100万円の女たち」のネタバレにお付き合い下さり、ありがとうございました♡

またお会いしましょう☆彡

 

 

スポンサーリンク