jimisugo-7wa-netabare-arasuji

ドラマ「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」6話放送されましたね♪

いや~6話は今までで一番熱かったですよね♪

ちょっと泣いちゃいました(笑)

貝塚の熱さ、そして校閲部のチームの熱さ。

はぁ、感動(泣)

 

そんな感動の「地味スゴ」の7話はどんな感じでしょうか?

ということで「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」7話の予告動画あがってるので載せます(^^♪

「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」予告動画)

ドラマ「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」7話あらすじ

jimisugo-7wa-netabare-arasuji

今回はアニーちゃんと、「地味スゴ」好きなちなつちゃんが話し合っています♪

登場人物:アニー、ちなつ

登場人物についてはこちら♪

登場人物紹介

 

アニー:7話だいぶ楽しみなんだけど!

ちなつ:私も♡

今回、幸人君(菅田将暉)の過去が明らかになりそうな雰囲気だよね!

アニー:そう!今回のキーマンは悦子(石原さとみ)が1話で校閲担当した本郷大作(鹿賀丈史)♪

ちなつ:「地味スゴ」7話の予告動画見てると、幸人君の父親がまさかの本郷大作なんじゃないか!

っていう展開だよね!

アニー:マジ~!?って感じ♪

まさかの1話からすでにこんな伏線張られてたとは!って感じだよね(;^_^A

ちなつ:私も想像してなかったよ~(笑)ってまだ放送見てないからわからないけどね。

アニー:この幸人君のお父さんが本郷かもってなる流れとしては、今回また悦子は本郷が雑誌に載せるエッセイの校閲を頼まれるところから始まるみたいだね。

ちなつ:うん。それで、景凡社に本郷が来て幸人君と遭遇するんだけど、

何故か今までにない動揺を幸人君は見せるというね。

アニー:幸人君今まで基本マイペースだからこういう動揺はあんまりなかったもんね。

って森尾との同居が悦子にバレた時は落ち込んでるような感じになってたか(;^_^A

ちなつ:それで父子問題に悦子が気付き始めるきっかけが、

本郷と幸人君が発した共通ワード。

アニー:その共通ワードが”スミレ”。

本郷は今回のエッセイの中で分かれた息子とラーメンを食べた思い出を書く中で、レンゲのことを”スミレ”と書いてるという。

ちなつ:悦子的に今だったら普通レンゲだろ!ってツッコむよね(笑)

アニー:そう♪こういう間違いは本郷は普通間違えない。

だけど、本郷はあえてミスすることがあるんだよね♪

ちなつ:そう!そのあえてするミスは別れた息子との共通ワードだった言葉。

それが別れた息子へのメッセージなんだよね♪

アニー:うん、何か心温まるよね(^^♪

ちなみ:それで、まさかの幸人がレンゲのことをスミレって言ったというね(;^_^A

アニー:これ、幸人君が本当に本郷の息子だったらさ、本郷的にはめっちゃ嬉しくない?

だってさ、別れた息子が自分と同じ職業目指して実際プロとしてやってるわけじゃん!

運命感じちゃうよね(^^♪

ちなつ:そうだよね♪

でも、幸人君はなんか微妙な感じ(;´Д`)

やっぱり、別れたことを引きずってたりするのかな?

アニー:そうだね(;^_^A

でも、その扉を開くのが、やっぱり悦子だよね~♪

ちなつ:だね♪これこそ悦子にしかできない仕事!

アニー:うわぁ!7話気になる~!

(参考:「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」公式サイト)

 

スポンサーリンク

 

 

 

ドラマ「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」7話みどころ

jimisugo-7wa-netabare-arasuji

 

アニー:今回の見どころは、間違いなく幸人君と本郷の関係性だね♪

ちなつ:うん♪あらすじで語ってるだけで気になってしょうがない!

あぁ、早く見たい(笑)

アニー:後は今回の予告動画見てると、貝塚と森尾ちゃんいい感じになりそうじゃない??

ちなる:それ、めっちゃ気になった!

アニー:6話でさ、貝塚の好感度ハンパじゃなく上がったじゃん!

その勢いのまま森尾ちゃん射止めそうだよね♪

ちなつ:森尾ちゃんも仕事を通して自分のやりたいことが見えて来てる感じあるし、

6話で不倫中の彼とはきっぱり別れてたしね♪

アニー:本当上手く行って欲しいよね(^^♪

ちなつ:6話から特に熱さがすんごい出てたじゃん?

そっからすっごい感情入りまくっちゃって(笑)

アニー:あるある♪

いや~幸人君の父子関係と恋愛の進展が今回のみどころだね♪

ちなつ:7話も要チェックだね♪

 

ドラマ「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」7話ネタバレ

https://koianni.com/jimisugo-7wa-netabare-arasuji/

※放送終わったら書こう♪

☆ネタバレ追記!(2016年11月17日)

それでは7話ネタバレを書いていきたいと思います♪

見逃し配信みてからという方はここから先は読まない方がいいかと思うので、見逃し配信見てからぜひ読んでください♪

 

それではいきます!

7話ネタバレ

仕事編

アニー:今回の本編の内容に入る前の悦子の校閲ビビったね(笑)

ちなつ:まさかタイトルに校閲入れるってハンパないよね(爆)

アニー:そんなとこもかって感じだね♪

ちなつ:やっぱり悦子にしたかできない所業だね(笑)

アニー:それじゃあ、一番気になるとこ見てみよう♪

幸人のお父さんは本郷大作だった!

アニー:幸人君のお父さんは本郷大作だったね!

ちなつ:うん♪でも最初、景凡社で会った時本郷は幸人君が息子って気づかなかったね。

アニー:まぁ、3歳でお別れしてるからしょうがないんじゃないかな?

ちなつ:でも幸人君、本郷と会った時、今までにない動揺感だったからやっぱ別れてから

お父さんを恨んだりしてたのか心配しちゃった(^_^;)

アニー:貝塚も絶対幸人君に本郷の話題振るなって悦子に念押ししてたしね(^_^;)

ちなつ:貝塚曰く、幸人君が覆面作家をしてるのは本郷の息子ってわからないためって言ってたからね(^_^;)

アニー:やっぱり幸人君お父さんのこと気にしてるよね(汗)

ちなつ:でも幸人君に本郷のこと聞かないといけなくなるんだよね~(;’∀’)

 

悦子の勇気に乾杯♪

アニー:本郷のエッセイの中での幸人君にあげたグローブの話だね♪

ちなつ:幸人君、今右利きなのに左利き用のグローブを上げようとしてたっていうところだね♪

アニー:読者的にはそこって基本わかんないとこだと思うんだけど、って幸人君がお父さん本郷って世間にバレたらツッコまれるのか(^_^;)

ともかくも悦子の妥協のない仕事のおかげで、幸人君に本郷のこと話すきっかけができたね。

ちなつ:うん。でも勇気入ったよね(^_^;)

好きな人の一番触れられたくないところにわざわざ触れるってよっぽど勇気入るよ(^_^;)

アニー:左利きか調べるために幸人君と公園でキャッチボールしながら勇気の校閲確認!

ちなつ:あの瞬間めっちゃ緊張した!

アニー:幸人君の頭の中で目まぐるしくいろんな思いが駆け巡っただろうね(^_^;)

ちなつ:でも結果としては、幸人君笑顔で、

”幼い頃は左利きだった。だけどいろいろ生活上面倒で右でもできるようにした”

って悦子に言ってくれたね♪

アニー:そこで悦子は、本郷がずっと幸人君のこと立日橋で待ってるって伝えたね。

ちなつ:本当”悦子の勇気に乾杯”って感じだったよ(涙)

アニー:それからは本郷との思い出をいっぱい話してくれたね(^^♪

そのエッセイの中で新たに間違いを今度は幸人君が発見するという(笑)

ちなつ:幸人君と舞台を見に行ったけど、幸人君が寝ちゃったっていうところね♪

アニー:本当は本郷が寝ちゃって、しかもいびきかいてて(笑)

幸人君の方が気まずかったという(笑)

ちなつ:作家ずりぃわぁって幸人君言ってたの面白かった(笑)

 

幸人と本郷の”心の再会”

アニー:そこで幸人君から、”一緒にその映画のとこについて事実確認いこっか?”

って言って会いにいくことになるっていう展開!

ちなつ:すごいイイ展開だったよね!

アニー:何かさ~前回といい今回といい、本当涙涙じゃない?(泣)

ちなつ:本当(^^♪

幸人君と本郷の再会で、幸人君ずっと本郷に敬語だったのが、

久しぶりでどういう話し方していいのかわかんない感じが出てて良かったなぁ♪

アニー:幸人君が何で覆面作家やってたのか、本当の気持ちを言ってたのがまた感動だった。

ちなつ:自分の拙い小説で本郷の名前に泥を塗るのが嫌だった、怖かったっていうね。

すごいお父さんのこと大好きなんだなって思ったね。

アニー:その後、本郷が、”お前がいてくれるだけでいいんだ”っていうところで、わたしゃもう涙だったね(涙)

ちなつ:私も(涙)その後、作家としての新境地を開くことについても聞いてたね。

アニー:幸人君今スランプに陥ってるからね。

本郷が昔の純文学から現在のスタイルに変わっていったとこだね♪

ちなつ:”自分の好きだけでやるジャンルではなかったけど、求められて書くことも悪くないと思った”

っていうのは幸人君のこれからに背中を押しただろうね♪

アニー:これは私自身も仕事を考えると胸が熱くなったね♪

ちなつ:さらに、父親として、”女性の趣味がいいな”と(笑)

アニー:あれには驚いたね!まだ悦子と幸人君ちゃんと付き合うとか了承してたわけじゃないのに、

本郷が悦子に”幸人頼むよ”ってお願いしてたもんね(笑)

ちなつ:幸人君も悦子もびっくりしてたけど、悦子は元気よく”ハイ!”って言ってたね♪

アニー:まさかの本郷が悦子と幸人君の恋をこんな形で押し進めるとは~!って感じだったね(笑)

恋愛

jimisugo-7wa-netabare-arasuji/

 

アニー:今回は森尾ちゃんと貝塚がイイ感じになりそうだったね♪

ちなつ:うん、きっかけは悦子が校閲した小説(^^♪

アニー:悦子的にその小説、絶対に「Lassy」に合うから交渉してこいと、ほぼあごで貝塚使ってたね(笑)

ちなつ:確かに(笑)

でも、さすが悦子だね♪貝塚も実際読んだら納得して、森尾ちゃんに頼みにいくというね♪

アニー:そんで、結果として「Lassy」で使われるという(;^_^A

もうここまで来るとスゴ技だね(笑)

ちなつ:その採用を森尾ちゃんが貝塚に伝えて、貝塚もテンション上がって、その勢いで森尾ちゃんにご飯おごるよ!

って踏み出したところ~・・・

アニー&ちなつ:まさかのOK~!!!

ちなつ:これには見てるこっちもちょっとテンション上がったよね♪

アニー:そだね(^^♪

また、幸人君との同棲生活もピリオドを遂げたしね♪

ちなつ:うん♪森尾ちゃんの自立感すごいイイ感じだよね!

アニー:森尾ちゃんカッコいい!って感じ♪

美人で、そして一生懸命に取り組む姿が何とも憧れるわぁ(笑)

ちなつ:あんな女性になりたい♪

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

「地味スゴ」7話も仕事も恋もすごいイイ感じでみんな進展していってます(^^♪

登場人物のキャラもいい味を出して来ていて、全員で一つの芝居を作り上げてる感じがたまりません♪

 

悦子と幸人の恋もどんどん前に進んでいっています♪

そんなドラマ「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」、次週も要チェックです!

 

 

スポンサーリンク