jimisugo-saisyuukai-10wa-netabare-arasuji

 

ドラマ「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」9話放送されましたね♪

9話では幸人が悦子に告白に踏み出しましたぁ!

また、悦子もその幸人の想いに応え・・・るところだったのですが、

最後の最後のセリフを言う直前に横やりが入って言えなくなってしまいました(^_^;)

その横やりとは、まさかの悦子、「Lassy」へ異動!?

そんな「地味スゴ」も、つ、ついに次週でラスト・最終回!

果たして悦子と幸人はどうなるのでしょうか!?

そして悦子と幸人の夢はどうなっていくのでしょうか!?

ということで、いよいよ最終回・10話の「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」の予告動画あがってるので載せます(^^♪

って以前は載せてましたが、最終回動画は無くなっていましたので、石原さとみちゃんのコメント動画載せますね♪

「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」)

ドラマ「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」最終回・10話あらすじネタバレ

jimisugo-10wa-netabare-arasuji

 

今回はアニーちゃんと、「地味スゴ」好きなちなつちゃんが話し合っています♪

登場人物:アニー、ちなつ

登場人物についてはこちら♪

登場人物紹介

悦子のラスト仕事!

悦子、ついに「Lassy」に異動!?

アニー:つ、ついに悦子(石原さとみ)が「Lassy」に異動!!

ちなつ:これはマジビビっちゃったね!

本気の人にはチャンスは回ってくる!そのチャンスはものにしたいよね~♪

アニー:本当だね!

前回9話での悦子の「Lassy」への愛と、その校閲の隅から隅までこだわり抜く本気の仕事が「Lassy」編集長の亀井(芳本美代子)に認められたんだよね♪

ちなつ:5年前の見出しを未だに覚えていた悦子ってハンパないよね(^_^;)

アニー:そりゃ、これはガチだなって思うよね♪

それで亀井から悦子に、「Lassy」に載せる巻頭特集の企画をプレゼンして、それが通れば~・・・

アニー&ちなつ:ついに「Lassy」に異動できる!夢が叶う!

ちなつ:いや~気持ちいいじゃないか~(笑)

「Lassy」って社員の募集さえしてなかったりだから、本気で悦子のことかってるってことだよね?

アニー:間違いない(^^♪キラーン☆

でも、私的には、悦子に校閲部に残って欲しかったりもするんだけどね~♪

ちなつ:それは言える♪

なんだかんだ言いながらも校閲部のメンバーと固い絆結ぶこと出来てるしね♪

それに、悦子にとって正直、校閲の仕事も天職であると思うんだよね(笑)

アニー:そうなんだよね~(苦笑)まぁ、絶対悦子はそれ認めないだろうけどね(笑)

 

本郷、まさかの盗作!?

ちなつ:ただ今回は校閲部の仕事として大事件が起きるんだよね(^_^;)

アニー:そう!まさかの本郷(鹿賀丈史)の小説が盗作だ!って訴えられるんだよね(;’∀’)

ちなつ:驚きの展開だよね!

って、本郷、幸人君(菅田将暉)と一緒に暮らし始めたけど、これは幸人君的にもだいぶ精神的にくるよね(;´Д`)

アニー:そうだよね(^_^;)

せっかく繋がれた親子関係なのに、いきなり大問題到来だね(;´Д`)

そういうえば、そもそもこの盗作問題はどこから出てきたの??

ちなつ:なんか貝塚(青木崇高)が言うには、盗作を訴える告発文が送り付けられたみたいだよ。

アニー:うわ~そうなんだm(__)m

ちなつ:その告発文を送った人はWeb小説家である直木龍之介っていう人みたい。

アニー:直木龍之介?って完全に直木賞の直木三十五と芥川賞の芥川龍之介じゃん!

わ、分かり易すぎる(笑)

その直木龍之介の小説と本郷の小説が似てたんだ?

ちなつ:うん。直木龍之介が1カ月前に出した小説と、今回本郷が発売した小説がめっちゃ似てんだけど!って言ってるみたい(;^_^A

 

校閲、事実確認に奮闘!

アニー:なるほど~ふむふむ。

それで悦子をはじめ校閲部メンバー、さらに幸人君も一丸になって事実確認に走り回るんだね!

ちなつ:でもね、さらにまさかの本郷と連絡がつかない事態になるんだよね(^_^;)

アニー:え~!それヤバくない!

ちなつ:ヤバイでしょ(;´Д`)

だってさ、盗作疑われてる本人が連絡取れないってことは、若干どうしても認めてるみたいに思われちゃうじゃん(汗)

アニー:そ、そうだね(;’∀’)

ちなつ:それで、貝塚の提案で、本郷と直木の作品を細か~くチェックして何らかの手がかり手に入れようよ!

っていうことで校閲メンバーフルで走り回るってなったんだよね。

アニー:あっ、でも悦子は「Lassy」編集部での企画のプレゼン近いんだ(;’∀’)

いつも悦子はギリギリの中で生きる感じだね(汗)

ちなつ:悦子、”Liveing on the edge”な女だね(^_^;)

そんな中でさらには、校閲部に侵入者が入って来たみたい(汗)

アニー:悦子ど、どうなるんだ~!

気、気になる~!

(参考:「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」公式サイト)

 

スポンサーリンク

 

 

 

ドラマ「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」最終回・10話みどころ

jimisugo-10wa-netabare-arasuji

 

 

アニー:ラストの「地味スゴ」。あぁ、とりあえず寂しい(笑)

ちなつ:本当だよね(;´Д`)

まぁ、それはそれとして、次週最終回のみどころ語り合おうじゃないか、アニーちゃん(笑)

アニー:そうだね♪

最終回仕事編みどころ 

本郷の盗作問題はどうなる!?

アニー:仕事のところに関していうと、小説そのものが酷似しているってことは、かなり黒なのかなぁって思っちゃったりするんだけど、

気になるのは前回9話でのラストらへんで本郷に掛かって来た電話が気になってるんだよね(^_^;)

ちなつ:あぁ、あの電話か~なんで?

アニー:あの本郷に掛かって来た電話って、幸人君が悦子に”付き合って下さい”って言おうとしたら、

悦子から”ちょっと待って”って言われたことを相談してた恋愛相談のくだりだったから、

本郷にオンナから掛かって来た電話で幸人君の前では気まずいからその場を離れたってことかなって思ったんだけど、

実はこの盗作に関わる電話だったのかなって。

ちなつ:ほぉ~なるほど!それは思いつかなかったな。

それあるかもね♪

アニー:でしょ!?ってスカーン!って外す可能性は大だけどね(笑)

ちなつ:でも、そう考えると、もし盗作だったとしても何らかの理由がありそうだね。

アニー:そうなのよ!だからその理由が気になる!

って盗作じゃない可能性もあるけどね(笑)

ちなつ:そうだった(笑)

 

悦子の夢は始まるのか!?

アニー:後は悦子の夢が始まるのか?だよね♪

ちなつ:そう!

たださ、問題は本郷の盗作問題と「Lassy」のプレゼンが近いってところだよね(;^_^A

アニー:そうなの!予告動画でもあったけど、かなり、プレゼン近いとこまで来ていて、

このまま校閲してたらできるかわからないとこまで来てるよね?(汗)

ちなつ:恐らくは(;´Д`)

う~む、でも悦子は校閲の仕事絶対投げ出さないと思うんだよなぁm(__)m

アニー:でも「Lassy」の道も諦めきれないよね(^_^;)

ちなつ:そうだよね~。でもこんな道はどうだい?

校閲部のメンバーが悦子を応援して、私達に全部任せて、悦子は悦子のやるべきことをしなさい!って感じで、

土俵は違うけど、心でめっっっっっちゃ繋がるWin-Winな感じ?

アニー:うおっ!それかなり感動!

確かに、それはいいぞ!

ちなつ:ってこれもスカーン!かもだけどね(笑)

アニー:とにかく要チェックだ!

 

最終回恋愛編みどころ 悦子の恋は始まるのか!?

アニー:そんで最終回でやっぱり気になるのは悦子と幸人君の恋愛だよね~!

ちなつ:いよっ!待ってました!

アニー:9話では幸人君が実質告白して、そして悦子も実質告白したという、二人ダブルの告白劇だったじゃん。

ちなつ:しかもどちらも肝心な”付き合って”のフレーズを言えないというね(;^_^A

アニー:ちなつはどう思う?早い話、悦子と幸人君はハッピーエンドを迎えることになるかな?

ちなつ:私は~ぜひともハッピーエンドになって欲しいね♪

アニー:私も(^^♪

「地味スゴ」って8話で葵は病気良くなったりして結構今のところハッピーエンドで来てるから、

最後まで貫くんじゃないかな?

ちなつ:それもあるよね♪

「地味スゴ」は結末だけじゃなく、そこに向かうまでのストーリーが面白かったりするから、ベターにハッピーエンドでもいいと思うんだよね♪

アニー:ただ、予告動画の幸人君の微妙な表情が気になっちゃうんだよね(;^_^A

ちなつ:だね(^_^;)なんのシーンであの表情してるのか謎だけど、気になる表情だったね(^_^;)

アニー:あぁ、めっちゃ気になる~!

早く見たい!いや、早く放送来ると終わっちゃうんだ!ってことはまだ見たくない?

いや、早く見たい(笑)

ちなつ:うむ(笑)

とにかくここも要チェックだね♪

 

ネタバレ前の口コミ情報♪

jimisugo-saisyuukai-10wa-netabare-arasuji

 

アニー:最終回を目前にして、「地味スゴ」Twitterとかでもやっぱり盛り上がってるね♪

ちなつ:おぉ、本当だ!どれどれ見せて♪

アニー:こんな感じだよ♪

アニー:みんなもっとやって欲しいって思ってるんだね♪

ちなつ:やっぱりもっと見たいよね~♪

続編とかやんないかなぁ?

アニー:同じく続編望んでる声もあるよ~♪

 

ちなつ:おぉ!みんなも思ってるんだ(^^♪

アニー:そうだね♪やっぱり望む声は多々大きくあるんだね♪

ちなつ:プロデューサーさん、あたしからもお願いしますよ~!(笑)

アニー:とにかく、最終回の放送を待つのみだね♪

最終回は10分拡大!要チェックだぁ♪

 

ドラマ「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」最終回・10話ネタバレ

※放送終わったら書こう♪

※うわぁ、いろいろ思いすぎてまとまんな~い(笑)

 

jimisugo-saisyuukai-10wa-netabare-arasuji

 

☆ようやく書けました!ネタバレ追記!(2016年12月7日)

それでは10話ネタバレを書いていきたいと思います♪

見逃し配信みてからという方はここから先は読まない方がいいかと思うので、見逃し配信見てからぜひ読んでください♪

見逃し配信はこちら♪(2週間視聴無料でお得ですよ♪)

↓↓↓

 

それではいきます!

10話ネタバレGo!!

 アニー:つ、ついに最終回放送されたね!

ちなつ的にはどうだった?

ちなつ:そうだね~最終回だなって感じの放送だったね♪

ただ、まだ私にはわからないというか実感がわかない内容もあったんだよね~。

アニー:あぁ、たぶん私と一緒のとこだと思うな♪

ちなつ:そう?じゃあ、ちょっとそこらへん早く確認したいなぁ♪

アニー:うん♪私達の「地味スゴ」のネタバレも最後だから心置きなく語って行こうよ!

ちなつ:よっしゃー!行ってみよう♡

 

ネタバレ仕事編

本郷の盗作はどうだったの??

アニー:とりあえず、今回の本郷の盗作問題だけど、さっそく結論から言うと、

本郷は盗作してなかった!

むしろ盗作してたのは直木龍之介だったね(^_^;)

ちなつ:いや~なんかドラマってわかってるのに、本郷が盗作なんて嫌だー!

って思っちゃってたからホッとしちゃった(笑)

アニー:とりあえず、校閲部のみんなの働きさすがだったね♪

ちなつ:校閲作業を見直す中で、本郷の盗作疑惑が潔白ってことがわかったんだもんね♪

アニー:校閲部でやったことは、再度、本郷の作品の完成までのゲラ、初稿(悦子担当)と再校(米岡担当)、念校(藤岩さん担当)の3つのゲラを校閲し直して怪しいところないかみんなで手分けしてあらってみたんだよね。

ちなつ:そのゲラ見直しの中で、どこの地点で盗作されたのかあぶり出されたんだよね♪

アニー:盗作されたのは再校の後!

ちなつ:そのロジックとしては、初校と再校の指摘出しについては、直木の小説にも反映されていたけど、念校での指摘出しについては、直木の小説には反映されてなかった!

アニー:それを藤岩さんが発見したんだよね♪

その指摘出しキーワードはズバリ、

おぱっぽ祭り!

ちなつ:おぱっぽ祭りは架空のお祭りなんだよね♪

アニー:ただ、おぱっぽの意味とは・・・え~こちらの意味は、青森の限られた地域での方言で、男性のイヤッホウ!な部分を意味してるとのことです(笑)

ちなつ:うけるわぁ(笑)

これを藤岩さん調べてもわからなかったから、現地に行って確認したんだよね!

あの藤岩さんが(笑)

アニー:でも、確かにネットで私も調べたんだけど、出てこなかった(^_^;)

ウィキですぐ出てくるだろと思ったんだけど、出てこなかったから藤岩さんの行動は頷けたね♪

ちなつ:いつもの本郷のエロミスだったらありなワードだったけど、

今回はなんたって本格ミステリーだから、おぱっぽーだと、ちょっと気が弛むよね(笑)

アニー:そだね(笑)

だから本郷は御茶柱祭に変えたんだよね♪

それが反映されてなかったっていうので判明したんだよね♪

ちなつ:そうすると再校の後どこで盗まれたかってことだけど、あることで解るんだよね♪

アニー:しかももう1つの事実も明らかになったね♪

 

本郷に掛かって来てた謎の電話とは!?

アニー:どこで盗まれたのか?

そしてもう1つの事実についてだけど、

これは、本郷に掛かってきてた電話が謎を解いてくれたね♪

ちなつ:そうなんだよね!

これは幸人君が一応念のためにかけたお母さんへの電話で明らかになるんだよね♪

アニー:全く連絡が取れない本郷の居所を突き詰める為にヒントをえようと幸人君お母さんに電話かけてて、そのお母さんからの折り返しの電話でなんと!

本郷はお母さんの家にいたというね!

ちなつ:そこか!って感じだったね(笑)

アニー:そっから悦子、幸人君、貝塚と本郷に会いにいって2つの事実が判明♪

ちなつ:1つめの謎として、ちょくちょく最近本郷にかかってきてた電話は、なんと~

アニー&ちなつ:幸人のお母さんだったね(笑)

ちなつ:悦子が第一話で本郷の家族のこと調べたのをきっかけに、

本郷はお母さんと再度仲良くなったって感じだったね♪

アニー:その中で、本郷がお母さんと別れた理由も語られてたね。

ちなつ:うん。本郷が小説家としてやっと売れて来て普通の生活ができるようになると思った矢先、

お金を騙されて奪われちゃったんだよね。

アニー:それで、今回の盗作事件とも重なるけど、

そのお金を獲った本人のことを本郷は許しちゃうんだよね!

ちなつ:す、すごいよね(;^_^Aさすが本郷(汗)

アニー:本郷は優し過ぎちゃうんだよね。

そういう優しい本郷をお母さんも好きだったんだけど、

さすがにここまで許しちゃうと家族としては耐えられない状態になって離婚になったとのことだったね。

ちなつ:そうした頑固一徹な感じは古き良き時代を想起させていいけど、現実厳しいよね。

そんでもって今回も本郷は盗作犯を許そうとしてる感じだった。

アニー:そう。本郷のゲラが盗まれたのは大学時代の同級生との泊りでの同窓会の時だったんだよね。

まさしく友達がそのゲラを盗見して盗作した。

ちなつ:友達だったから、以前と同じように友達をかばおうとした。

アニー:うん、でも今回は本郷の中で違う心が生まれてるんだよね。

ちなつ:そう!今、本郷は20年前に失った家族愛をもう一度手に入れようと頑張ってた!

アニー:お母さんが出ていった理由も忘れてなかった。だからこそ今回は同じ過ちはおかさない覚悟を持ってたんだよね♪

 

明らかになった犯人と本郷の秘密。そして夢の続きへ♪

アニー:本郷はその犯人の元へ一人会いに行く!

ちなつ:その後を悦子、幸人君、貝塚が尾行して追いかけていく♪ってだいぶ尾行の距離感近かったけどね(笑)

アニー:それで盗作をした犯人だけど、その盗作犯・直木龍之介は、岩崎ただしという旧友だったね。

ちなつ:岩崎は作家志望だったんだよね。

それで、今回の盗作の理由は、ザックリ言うと、嫉妬だったんだよね。

アニー:そう!岩崎的には、

”だんだん人生の終わりが見えてきて、夢が叶えられていない自分が虚しくて、その傍ら夢を叶えて順風満帆な本郷に嫉妬して、

何か一つ汚点を残してやりたいってのが動機だったね。

ちなつ:その嫉妬心はわかる気がするわぁ(^_^;)

私も自分に対する劣等感を感じてしまって、落ち込んでると人の成功を認めたくない気持ち出てきちゃうことあるからね~(汗)

アニー:認めたくはないけど、私もあるわぁ(^_^;)

でも、そこで悦子がたまらず入ってくる!

ちなつ:”まだ夢は終わってないじゃないですか!”

っていつものように熱い悦子がそこにはいたね♪

アニー:こういう悦子本当に好き!

何歳になろうとまだまだできることはたくさんあるんだよね♪

ちなつ:人生に引退はないんだよね♪

アニー:それで、岩崎は幸人君が本郷の息子だとわかると、ちゃんと自首するから心配しないで下さいって頭下げるんだよね♪

ちなつ:でもここで本郷の秘密が明らかになったね(笑)

アニー:そう(笑)

岩崎が自首するって言ったら本郷が何言ってんだ!って言って止めるんだよね♪

ちなつ:てっきり私はまた本郷の優しさから言ってるんだと思ったけど、優しさ以外にももう一個理由があったんだよね♪

アニー:そう♪

その理由は実は本郷は大学の卒論を自分では書かずに、岩崎がボツした論文をパクッて出して卒業できたというね(爆)

ちなつ:一同唖然だったね(笑)

盗作を最初にしたのは実は本郷の方だったというね(笑)

アニー:これは面白かった♪そのおかげで、岩崎はこの件でおとがめ受けずに済んだし、いい感じで事件解決したね♪

ちなつ:ただ他にも良かったこととして、岩崎は実は夢を叶えてたってことを再認識することができたんだよね(^^♪

アニー:岩崎の夢は家族を持つことだったんだよね♪

ちなつ:そう♪岩崎は今は孫もいて幸せな家庭を築いていた。そのことに再度目を向けることができたのが良かったよね♪

アニー:それで、本郷が最後、

”オレ達はまだ夢の途中。でもその夢の途中にいるんだって思うと、65歳という年齢でもワクワクしてこないか?”

”だから一緒に夢を見よう”

って言うんだよね(^^♪

ちなつ:素敵な結末だったよね♪

ただ、きっとこのシーンって超感動できるシーンだと思うんだけど、

私的には、やっぱりまだ実感がわかなかったんだよね(^_^;)

だから超感動はできなかった。

アニー:確かにね、あたしらみたいな20代だと実感はわかないよね(^_^;)

だから私も結構ツル―ってこのシーン駆け抜けていった感じがあるんだよね。

ちなつ:まだまだ子供なんだなぁって思っちゃった(^_^;)

アニー:でも私的には、今ちなつと話しながら思ったのは、

それでいいんだなって思ったんだ♪

まだまだ子供ではあるけどさ、それだけ若いってことじゃない?

だったらこの若さを思う存分使って突っ走ればいいかなって(^^♪

ちなつ:そうだね・・・そうだね!

これからも走り続ければいいんだね♪

アニー:私達も頑張ろうよ♡

 

ネタバレ 悦子と幸人の仕事の夢編

悦子の「Lassy」異動は果たして!?

アニー:それで、悦子の「Lassy」の異動だけど、

結果を言うと異動ならず!だったね(^_^;)

ちなつ:というかそもそも異動の話自体がなかったね(笑)

アニー:うん(笑)

流れとしては、結局悦子は本郷の盗作問題に奔走しててプレゼンの準備できなかったんだよね。

それで、見かねた森尾ちゃんが、自分で使おうとしてた企画を悦子に渡して、

森尾ちゃん企画をプレゼンしようという流れになった。

ちなつ:でも、結局そうしたズルで「Lassy」に入ることを良しとしなかった悦子は、

編集長に、本当のことを言って「Lassy」異動を辞退するんだよね。

アニー:そう。でもこの時に編集長から思いもよらぬ言葉が(^_^;)

ちなつ:”異動って何?”っていうね(笑)

アニー:そう(笑)

編集長は今回は企画を一緒にやってみる?ってだけで異動とかの予定は全くないんだけどっていうね(爆)

ちなつ:悦子の「Lassy」異動は、悦子と森尾ちゃんの単なる勘違いだったという結末だった(笑)

アニー:何とも悦子らしい幕切れだったね(笑)

 

悦子、まさかの貝塚に励まされる!でも、貝塚・・・最高だったよ♡

アニー:それで、悦子の異動問題は終止符を打ったけど、悦子の中ではまだしこりが残ってたんだよね。

ちなつ:そう。あんなに行きたかった「Lassy」のチャンスが目の前に来てたのに、

校閲で忙しかったとはいえ、みすみす見逃してしまった自分が許せなかった。

アニー:それで、一人校閲部のデスクで呆然としてたんだよね。

ちなつ:でもそんな時、悦子がLassyの企画プレゼン失敗を聞きつけた貝塚が、どこかからか聞きつけて、

校閲部の部屋で一人でいた悦子のとこに差し入れ持ってきたんだよね♪

アニー:うん、そっから悦子は飲みながら貝塚に、こんなハンパな自分にほとほと呆れたっていうことを話す。

ちなつ:そしたら貝塚から思いもよらぬ励ましがくるんだよね!

アニー:うん!貝塚さ、ほんんんんっとに熱いかったね!

ちなつ:熱過ぎた♡

私、テレビの放送と見逃し配信と2回見たんだけどさ、

2回とも貝塚シーンで泣いちゃったんだよね(笑)

アニー:いや、それは間違いないとこだぜ♡

 

ここは貝塚の言葉を全文引用しよう♪

以下貝塚のセリフ☆

 それは半端なんて言わない。お前は、校閲の仕事とラッシー異動を、天秤にかけて、校閲の仕事を優先した。お前は、夢があっても、目の前にある仕事を全力で取り組む。だから、校閲部のみんなも受け入れてくれた。この先、お前が編集者になろうと、校閲者になろうと、お前はお前なんだ。少なくとも俺は、どっちのお前も全力で応援してる。

(引用:ゆらりのらり感想ブログ)

ちなつ:いや~このセリフはぜひ見逃し配信で直接見て欲しいね!

青木さんの真っ直ぐな演技が突き刺さるからね♪

アニー:本当に私もこれからの自分の道への指針にしようと思ったよ♡

ちなつ:このシーンが私にとって最終回のベストシーンでした☆青木さんLove♡

 

森尾ちゃんの優しさと幸人の決意

アニー:それで、幸人君にも変化があったんだよね♪

ちなつ:うん♪もう自分の書きたいことが見つかってから小説にのめり込みまくったんだよね♪

アニー:そう!ただ、それによってモデル業に身が入らなくなってきてたんだよね(^_^;)

ちなつ:極めつけは撮影を寝過ごしてしまうというね(;’∀’)

アニー:激引きだよね(^_^;)

ちなつ:それで、森尾ちゃんがまさかの幸人君にモデルはクビ!って宣告するっていうさらに信じられない展開(汗)

アニー:森尾ちゃんが怒鳴ってたもんね(^_^;)

でも、それは森尾ちゃんの優しさだったね♪

ちなつ:森尾ちゃんいい女だったよね~♡

アニー:カッコ良かった!

幸人君をクビにしたのは小説家としての道を応援してのことだったんだよね(^^♪

ちなつ:幸人君も悦子と同様、二つのことを同時に出来るほど、器用な人間じゃない。

だからやること見つかったならその道を突き進むべし!

熱く背中を押してたね♪

その現場を去る森尾ちゃんの背中がカッコ良くて、女の私でさえ森尾ちゃんに惚れちゃったぜ(笑)

アニー:あんな女性になりたいものだわさ~♪

 

ついに完成した幸人君と悦子の愛を繋ぐ小説♪

アニー:それでついに幸人君は念願の自分で本当に書きたかった小説を完成させたけど、

あの小説のタイトルめっちゃカッコ良くない?

アニー&ちなつ:「東京B-SIDE」(^^♪

ちなつ:ってか超読みたいよね!

アニー:誰の目にも触れられない場所で当たり前を提供する影の職人にスポットを当てた小説。

「地味にスゴイ」人達の小説♪めっちゃ読みたいわぁ♪

ちなつ:実際売ってるのかな?

アニー:調べてみたんだけど、出てこなかったんだよね~(残念)

ちなつ:そっか(^_^;)

でも、この小説は紛れもなく悦子と幸人君の愛を繋ぐ小説だよね♪

アニー:うん、間違いない♪

そしたら最後悦子と幸人君の恋愛の結末に行ってみよう!

 

ネタバレ恋愛編

アニー:悦子と幸人君の恋愛は、私的に言うと、

360度、廻り廻ってハッピーエンド!

って感じだと思った(笑)

ちなつ:どういうこと(笑)??って感じだけど、まぁ、言いたいことはわかるわ(笑)

アニー:結果としては、付き合うことにはならなかった(^_^;)

でも、それはお互い嫌いだからじゃなく明確に好きなんだけど、

まだ夢の途中だからってことだよね♪

ちなつ:うん♪

お互い本当に目指すべきものが見つかったからこそ、まずそこで何とか成功しよう!

そして結果をお互い出したら、その後は・・・♡

って感じだね♪

アニー:現代におけるいいなづけって感じですね~♪

ちなつ:うんうん♪そういうことじゃ♡

アニー:恋もまだ夢の途中。だからこそワクワクしていられる(^^♪

何かいい関係だね♪

ちなつ:そうだね♪でも、とは言いつつも思っちゃうのは、

お互い好きなんだから付き合っちゃえよ!って感じ(笑)

悦子と幸人君なら大丈夫だって!みたいなね(笑)

アニー:それはあるね(笑)

そこらへんは続編ができた時のお楽しみってことだね♪

はぁ、やっぱり恋っていいなぁ♪

ちなつ:私達も悦子に負けないように頑張らねばね!

アニー:おう!(笑)

お互いイイ彼みつけようね♪

ちなつ:はぁ~い(笑)

 

「地味にスゴイ!」最終回・10話ネタバレまとめ

いかがでしたでしょうか?

今回「地味にスゴイ!」最終回・10話ネタバレを紹介しましたが、

これまでの全10話に渡る「恋アニ」での「地味スゴ」ネタバレブログにお付き合い頂きありがとうございました♪

書いていて楽しかったです~♪

ドラマ見ていて感動したし、このブログにも校閲が欲しいと思いました(笑)

 

今回で「地味スゴ」のネタバレは終了しますが、「地味スゴ」の後、来年1月からスタートするドラマは、

「東京タラレバ娘」になります♪

 

なので、「恋アニ」では「東京タラレバ娘」について今度からネタバレしていきますので、

ぜひぜひまたお付き合い頂けたら泣いて喜びます♡

 

次は「東京タラレバ娘」にちなんで「恋アニ、タラレバ娘」として、

アニーちゃん、ナナちゃん、ちなつちゃんの3人が女子会を開く予定となっておりますので、

「恋アニ」、「東京タラレバ娘」ネタバレ編をぜひともよろしくお願いします♪

 

それでは♪ばいちゃ~♡

 

 

スポンサーリンク