スポンサーリンク

 

 

こんにちは!アニーです♪

当ブログ「恋アニ~恋のAnniversarry~」にご訪問下さりありがとうございます(^^♪

 

今回ご当地花火大会をテーマにその地元に住んでる方に、

おすすめの花火大会について募集をかけさせていただきました♪

今回は【葛飾納涼花火大会】を「ちぃさん(40代・女性・東京都在住)」

に紹介して頂きます☆彡

ということで「ちぃさん」、宜しくお願い致します^^

 

☆ちぃさん(40代・女性)による【葛飾納涼花火大会】の紹介☆

夏といえば花火大会といわれるほど、風物詩となっている花火大会は

東京都内でもさまざまな場所で毎年開催されていますが、

その中でも【葛飾納涼花火大会】をご存知でしょうか?

【葛飾納涼花火大会】は、地域の花火大会実行委員会が主催する花火大会で、

地域や近隣のエリアの多くの方々から親しまれている夏の一大イベントのひとつです。

そんな葛飾納涼花火大会をより楽しみやすくする為に、

今回は穴場スポットの紹介を中心に、

穴場スポットのアクセス方法や駐車場の有無なども紹介していきます!

 

葛飾納涼花火大会の穴場スポットについて

【葛飾納涼花火大会】では、有料のビニールシートのマス席や

背もたれなしの4人用のベンチなどの指定席を河川敷に設けていますが、

指定席の近くのほかにもいくつかの穴場のスポットもあります。

1.橋の上からたっぷりと花火が見ることができる穴場スポット

JR常磐線の金町駅もしくは、京成金町線の京成金町駅から徒歩圏内の、

国道6号線上にある東京都葛飾区金町から千葉県松戸市上矢切にかかっている新葛飾橋がおススメです。

周辺には、駐車場がないので、電車でのアクセスが最適!

大混雑となることが比較的少なく、早いうちから場所取りする必要もないので、

散歩がてらに立ち寄ってみることができる穴場です。

2.出店や仮設トイレも設置される千葉県松戸市側が江戸川河川敷

千葉県松戸市下矢切にある江戸川河川敷は、

JR北総線の矢切駅から歩いて行くことができます。

会場は、東京都葛飾区側ですが、江戸川を挟んだこの松戸市側では、

混雑を避けてゆったりと大輪の花火を楽しむことができます。

河川敷ですが、飲み物や食べ物などの出店もあり、仮設トイレも用意されるので、

お子さん連れの家族でも安心して楽しめるのがポイントです。

3.正面で花火を楽しめる学校跡地

JR常磐線の金町駅や京成金町線の京成金町駅、

JR北総線の矢切駅のいずれからも徒歩圏内である、

千葉県松戸市中矢切54付近にある千葉県立松戸矢切高校の跡地も穴場のスポットです。

打ち上げ会場がほぼ正面となるので、河川敷に比べて少し遠めにはなりますが

、夜空に輝く花火が楽しめ、比較的知られていない場所なので、

あらかじめ場所取りをしなくても見ることができる可能性が高い穴場のスポットです。

4.高い場所から一望できる有料スポット

東京都墨田区押上一丁目にある東京スカイツリーの展望デッキからは、花火大会を一望できます。

大会当日のチケットはすぐに完売してしまうので、

数週間前からチケットを購入しておくことが大切です。

 

スポンサーリンク

 

 

 

葛飾納涼花火大会のおすすめポイントについて

葛飾納涼花火大会は、観客席と打ち上げ場所が近いのが特徴で、

ほかでは体験できないような臨場感満点の約13,000発の花火を楽しむことができます。

周辺には、下町情緒たっぷりの寅さんで有名な柴又帝釈天参道があるので、

花火大会がスタートする前に散策を楽しんだりと

格別な江戸の夏の風物詩を満喫できるでしょう。

 

花火大会は、上下2段で打ち上げられる富士ナイアガラでスタートし、

クラシックと和楽器をコラボレーションしたデジタルスターマインなどの

芸術品を披露するプログラムを用意しており、

圧巻の大空中ナイアガラは、多くの人をその迫力で魅了すること間違えなしです。

会場周辺には、屋台などの出店も数多く立ち並ぶので、お祭り気分で花火大会を楽しめます。

葛飾納涼花火大会の開催日程について

【葛飾納涼花火大会】の開催日程や基本情報を紹介します☆彡

開催日程>>>

2018年7月24日火曜日

荒天の場合は翌日の25日水曜日に順延。

打ち上げ時間>>>

午後7時20分から午後8時20分まで

開催会場>>>

江戸川河川敷の葛飾区柴又野球場

ホームページ>>>

葛飾区役所

お問い合わせ先>>>

03-6758-2222(葛飾区コールセンター)

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

葛飾納涼花火大会のアクセス方法や注意事項について

【葛飾納涼花火大会】の開催会場となる

江戸川河川敷の葛飾区柴又野球場」はコチラになります。

住所:〒125-0052 東京都葛飾区柴又7丁目

電車の場合>>>

京成電鉄の柴又駅から歩いて約10分

北総鉄道新柴又駅から歩いて約15分

JR金町駅もしくは京成電鉄金町駅から歩いて約20分

 

当日、会場周辺の道路では30分から午後10時まで、車両通行禁止などの交通規制が実施されます。

詳しい交通規制の情報はコチラからも確認できます。

>>>葛飾区納涼花火大会 交通規制

葛飾納涼花火大会の近隣駐車場について

会場では臨時駐車場などの設けないため、

車両よりは公共交通機関を利用する方が良いでしょう。

どうしても車を利用したい場合には、

JR常磐線の綾瀬駅、松戸駅や京成線の青砥駅周辺の

有料パーキングを利用し、そこから電車で向かうのが最適です。

葛飾納涼花火大会2018!穴場スポットや日程、アクセス駐車場情報を紹介!まとめ

【葛飾納涼花火大会】は、下町風情の残る江戸川の河川敷で

毎年開催されている歴史のある花火大会です。

観客席と打ち上げ場所が近いことから、

臨場感のある花火を見ることができるのはもちろん、

キャラクター花火をはじめ、日本伝統の花火である和火や

コンピュータ制御のデジタルスターマインなど、

伝統と最新がコラボレーションした独特のプログラムで

約13,000発もの花火が満喫できるのが最大の魅力です。

さまざまな工夫のある花火を楽しめるので、

小さなお子さんからお年寄りまで夏の風物詩を満喫できるでしょう。

========================

ちぃさん、【葛飾納涼花火大会】についてのご紹介

どうもありがとうございました(⌒∇⌒)

下町情緒溢れるスポットで、和と洋のコラボ花火が見れるのも楽しみの1つですよね!

穴場スポットを参考にして夏の思い出作りにいかがですか?

 

それでは、以上、

「葛飾納涼花火大会2018!穴場スポットや日程、アクセス駐車場情報を紹介!」でした。

最後までお読みくださりありがとうございました?

 

 

スポンサーリンク