スポンサーリンク

 

 

 

kirawareru-yuuki-drama-9wa-netabare

こんにちは!アニーです♪

当ブログにご訪問下さりありがとうございます(^^♪

ドラマ「嫌われる勇気」8話放送されましたね♪

 

8話の中ではアドラー心理学における”今ここを生きる”について登場しました♪

また、蘭子の過去についてもどんどん明らかになろうとしています!

 

今回9話ではアドラー心理学の”トラウマの否定”が登場しますが、

果たして、9話ではどんな展開が待っているのでしょうか!?

ということで「嫌われる勇気」9話についてネタバレしていきたいと思います(^^♪

 

ドラマ「嫌われる勇気」1話から8話までのネタバレはこちら♪

それでは、まだ9話までの放送を見てないっていう方は、こちらで8話までのネタバレ書いてますので読んでみて下さい♪

嫌われる勇気、1話ネタバレ(ドラマ)!(アドラー心理学紹介)

嫌われる勇気、2話ネタバレ(ドラマ)!(目的論)

嫌われる勇気、3話ネタバレ!(ドラマ)(競争の概念)

嫌われる勇気、4話ネタバレ!(ドラマ)(自由とは?)

嫌われる勇気、5話ネタバレ!(ドラマ)(課題の分離)

嫌われる勇気、6話ネタバレ!(ドラマ)(信頼と信用)

嫌われる勇気、7話ネタバレ!(ドラマ)(共同体感覚)

嫌われる勇気、8話ネタバレ&あらすじ!(ドラマ)(復讐&今ここを生きる)

嫌われる勇気、最終回ネタバレ!(ドラマ)

 

ドラマ「嫌われる勇気」9話予告動画ネタバレ♪

kirawareru-yuuki-drama-9wa-netabare

それでは、ドラマ「嫌われる勇気」9話の予告動画あがりましたので、載せますね(^^♪

果たして、9話の予告動画はどんな感じでしょうか!?

 

9話の動画はこちらになります♡

(出展:「嫌われる勇気」公式サイト)

いかがでしょうか?

9話では、今までの事件の黒幕が出てきそうですね!

そして、大文字は事件と関わっているのか??

それでは、さらに詳しく9話のあらすじに迫っていきましょう☆彡

 

ドラマ「嫌われる勇気」9話あらすじネタバレ♪

kirawareru-yuuki-drama-9wa-netabare

それでは「嫌われる勇気」9話のあらすじがアップされましたのであらすじの方ネタバレしていきたいと思います♪

9話では蘭子のどんな姿を通してアドラー心理学が登場してくるでしょうか??

9話あらすじ・ネタバレGo!!

「恋アニ」では、ドラマ「嫌われる勇気」の中で、どのような形でアドラー心理学が登場してくるのかを書いていきたいと思います♪

(ドラマの中の事件関係についてはブログの特性上、書けない部分がありますので、かなりザックリになることご了承下さいm(__)m)

今回は恋の2丁目でアドラー心理学を個人的に勉強していたアニ婆、アニーちゃん、ナナちゃんの3人で話し合っています♪

登場人物:アニー、ナナ、アニ婆

登場人物についてはこちら♪

登場人物紹介

ドラマ「嫌われる勇気」9話で出てくる主なアドラー心理学は?

アニ―:今回9話で出てくるアドラー心理学としては、

”トラウマの否定”

について出てくるみたいだね♪

ナナ:ストーリーとしてもどんどん蘭子の過去に迫っていってるけど、まさに今回のトラウマについては蘭子が抱える誘拐事件のトラウマが関係してるみたい(^_^;)

アニ婆:誘拐なんてされたらそりゃトラウマにもなるわな(^_^;)

アニー:でも、アドラーが捉えるトラウマ論は、まさに常識へのアンチテーゼだよね♪

アニ婆:そうじゃな。前回8話の”今ここを生きる”が大きなヒントとなるな♪

ナナ:そしたら、このトラウマの否定については後ほど書いていこう♪

 

ついに蘭子、大文字に疑いの目を向ける!?

アニー:そして、この9話ではついに蘭子が大文字に疑いの目を向けるみたいだね(^_^;)

ナナ:前回8話のラストで青山が何者かによって刺されて意識不明の重体になってしまうけど、丁度大文字のとこに寄った帰りに刺されたんだよね(;’∀’)

アニ婆:これはまさかの・・・まさか・・・??

アニー:放送的には大文字が犯人っていう空気バリバリだったけど(^_^;)

ナナ:いや~でも、ここまで大文字が犯人的な空気出してたら、逆に違う誰かが犯人な気がするなぁ♪

アニ婆:ナナは誰が怪しいと思っておるんんじゃ??

ナナ:私的には~大文字の准教授の土方登志郎とか怪しいんじゃないかな?みたいな(笑)

アニー:土方かぁ(笑)

でも、そんなに登場してるわけではないよね(笑)

ナナ:でも確か15年前のこととかちょっと知ってたりしなかった?

アニ婆:う~む、あまり存在気にしてなかったもんで覚えてないな(笑)

アニー:まぁ、でも大文字が犯人役っていろいろリアルな面で大人の事情もあるだろうからなさそうだよね(爆)

ナナ:まぁ、10話で最終回みたいだから、9話では大文字が犯人ってのはなさそうだけどね(笑)

アニ婆:最終回でどんでん返しの大文字みたいな流れとかな♪

アニー:9話では誰が犯人なのか?そして、蘭子の過去がどこまで明らかになるのか注目だね♪ 

(参考:「嫌われる勇気」公式サイト)

 

スポンサーリンク

 

 

 

ドラマ「嫌われる勇気」9話でのアドラー心理学を先取りで解剖しちゃおう☆彡

kirawareru-yuuki-drama-9wa-netabare

アニー:それじゃあ、ドラマ「嫌われる勇気」9話でのアドラー心理学を先取りで解剖してみよう♪

ナナ:今回9話で出るのは”トラウマの否定”だから”トラウマの否定”について見てみよう♪

 

9話登場の”トラウマの否定”とは?

アニー:それじゃあ9話で登場する”トラウマの否定”について見ていこう♪

ナナ:原作の「嫌われる勇気」だと一番最初に出てくるのがトラウマの否定だよね♪

アニ婆:そうじゃな♪

ドラマでは最終盤に登場になったな(^^♪

アニー:今回のテーマとなってるトラウマだけど、このトラウマっていうのは精神分析学の父であるフロイトが見出した概念だね♪

アニ婆:そうじゃな。

トラウマは「心的外傷」とは「精神的外傷」とも言われたりする。

簡単に言うと、過去において心のキズとなるような大きな出来事によって、後々にもその心のキズを引きずり、精神的な障害となる。

そうした体験のことを言うな。

ナナ:トラウマっていう言葉はしばしば耳にするよね(^_^;)

アニー:今回のドラマ「嫌われる勇気」では蘭子の誘拐の体験をトラウマとして取り上げてる感じだね♪

アニ婆:そうじゃな。

通常の考えとして、こうした心のキズの原因を探る時に、用いられるのがこのトラウマじゃ。

用いられ方の例としては、

”あの彼との恋愛において浮気された過去のトラウマがあるから、もう恋なんてしたくないの”

っていう感じで使われたりするな。

ナナ:時間軸として、

過去の原因→現在の結果→現在の行い(原因)→未来の結果

っていうような流れっていうことだよね。

アニ婆:そうじゃな。

ここで、アドラーのトラウマの考え方なんじゃが、アドラーは、

”トラウマを明確に否定しておるんじゃ。”

アニー:え~!!って感じだよね(^_^;)

ナナ:アドラーの常識へのアンチテーゼきた~!!

って感じだね(笑)

 

何故、アドラーはこのトラウマを否定しているの??

アニー:トラウマの否定ってアドラーの常識へのアンチテーゼの代表格でもあると思うんだけど、何でアドラーはトラウマを否定してるの?

アニ婆:確かにこのトラウマの否定については普通の時間軸で考えていくとわかりにくいと思うな(笑)

ナナ:さっきの例の「恋をしたくない」っていうので考えると、

恋をしたくないのは過去に嫌な出来事があったから恋をしたくないって考えるよね?

そう考えると過去のトラウマという原因があって恋をしたくないって考えられる。

でも、トラウマがないってなると、原因がなくなっちゃうから恋をしたくないっていうのはおかしくならないかな?

アニ婆:その通りじゃな。その理論は原因を”過去”に求めておるよな?

じゃが、アドラーは原因を求めてる場所が違うんじゃ。

アニー:アドラーは原因をどこに求めてるの?

アニ婆:アドラーはこの原因を過去ではなくに求めるのじゃ。

これは2話で出てきたアドラーの目的論を思い出すと繋がってくるな。

ナナ:人間は現在志向している目的に向かって行動をするっていう理論だよね♪

アニ婆:そうじゃ♪

その目的論で考えると、さっきの恋したくない例でいうと、

恋をしたくないという”今”の目的という原因があって、恋をしないようにしている現在があるということになる。

アニー:それが原因を過去ではなく”今”に求めるっていうことかぁ。

 

何故、アドラーは原因を”今に求めるの?”

アニ婆:では、何故アドラーは過去ではなく”今”に原因を求めるのか?

そこで質問なんじゃが、二人はそもそも過去というのはあると思うかな?

アニー&ナナ:そりゃあ、もちろんあるでしょ(笑)

アニ婆:確かに、過去のことを思い出すこともできるからあるように思える。

じゃが、その過去というのは同じ体験をしたとしても人によってとらえ方は別のはずじゃ。

二人は修学旅行で肝試しをやったと思うがその時の記憶はどう記憶しておる?

ナナ:私は、おばけ嫌いだから、超怖かった思い出(笑)

もうやりたくないわ(^_^;)

アニー:私は、おばけはそんなに気にしてないからそこまで怖い記憶ではないなぁ。

むしろ、いつもしっかりしててカッコいい系のナナが恐がってるの見てカルチャーショック受けたのが鮮明に残ってるね(笑)

アニ婆:二人は全く同じ時、同じ場所で同じ体験をしたにも関わらず、違う記憶や感情の記録があるよな?

そこからわかるように、過去というのは、

”主観的に思い描いた過去”

ということができるのじゃ。

ゆえに客観的な過去というのは存在しないのじゃ。

アニー:そっかぁ、言われてみればそうだね。

アニ婆:そこから見出す答えとは、言い方が若干悪くなるがこうじゃ。

”現在思い浮かべている過去の記憶というのは、自分にとって都合のいいものを選び取った過去”

ということになる。

ナナ:つまり、現在向かいたい目的に合わせた過去を都合よく取り出してるってことかな?

アニ婆:そういうことじゃな。

さらにもう一歩深く見てみよう。

この過去というものなんじゃが、今言ったように、都合よく自分で書き換えたものである。

ゆえに純粋な、客観的な過去というのは存在しない。

じゃが、例えば逆に過去が存在したとして、そこに原因を求めたとしても、もう過去は取り戻すことはできないよな。

アニー:確かにね。ドラえもんがいたらタイムマシーンで戻れるけど、現在の科学ではまだできないよね(^_^;)

アニ婆:そう。もし、過去に原因を求めたとしたら、そもそも取り戻すこともできんじゃろ。

そうすると、今を生きるわしらにはもう手も足も出せないことになる。

ゆえに今を変えられなくなってしまうのじゃ。

ナナ:確かに、過去の浮気された記憶を原因にしちゃうと、もうどうにもならないね(^_^;)

アニ婆:そう。じゃが、今の目的に原因をシフトするとどうじゃ?

目的を変えれば、これからの行動を変えていけるよな?

そうすれば、現実の悩みを打ち砕くことも可能になると思うがどうじゃ?

アニー:確かに、今の目的であれば自分次第で変えること出来るもんね。

ナナ:さっきの恋したくない例で考えても、

「恋をしたくないという”今”の目的という原因があって、恋をしないようにしている現在がある」において、

”恋したくない”から”次の恋をするためにはどうしたらいいか?”

に切り替えることも、難しいかもしれないけど、できないことではなくなるね。

 

自分の道を決めるのは自分以外にいない

アニ婆:アドラーはトラウマを否定しているが、その意味をさらに探ると、

自分のこれからを、自分の道を決めるのは他者や自分以外の外部ではなく、人間はどこまで行っても自分の人生を決めるのは自分であるということなんじゃ。

アニー:自分の道を決めるのは自分・・・。

アニ婆:どういうことかと言うと、確かにトラウマと呼べるような出来事はある。それは強烈であればあるほど影響は大きいじゃろう。

じゃが、アドラーはこれを影響因と呼んで、このトラウマは真の原因ではないとしておるのじゃ。

ナナ:トラウマはただの影響を与えるものであって、今の行動を決める真の原因じゃない?

アニ婆:そうじゃ。「7つの習慣」という本が一つヒントにもなるんじゃが、

「7つの習慣」には人間には何らかの影響を受けた時には、その影響に対して、どういう反応をするか選択をする力があって、その選択によってその影響に対してどういう反応をするか決めるということが書かれておる。

アニー:時系列的に見ると、

今までのトラウマ論は、”影響(原因)→反応”

だけど、アドラーの目的論から見たトラウマの否定というのは、”影響→選択(原因)→反応”

ということでいいのかな?

アニ婆:そういうことになる(^^♪

つまり、選択しているところに原因がある。ゆえに真の原因は、

”自分という全存在で選択をして今を作っている”

ということになる。

 

スポンサーリンク

 

 

 

トラウマを否定するキーワード「今ここを真剣に生きる」

アニ婆:そこで、最後に、トラウマを否定して、自分自身で道を選んでいくにはどうしたらいいのか?

ということを取り上げたい。

アニー:そうだね♪そこが大事だよね♪

アニ婆:そのキーワードとなるのが、8話で出てきていた、

”今ここを真剣に生きる”

ということなんじゃ。

ナナ:今ここを真剣に生きる。どうしてそれがトラウマを否定することができることと繋がるの?

アニ婆:アドラーのトラウマ論は今の目的という原因によって今を決めていくということじゃったな。

そして、過去というのは主観的に意味付けをした過去であると。

じゃが、どうじゃろ。そもそも、今現在この時点において過去っていうものはあるんじゃろうか?

そして、同時に未来についても言うと、未来というものも、今現在この時点において存在するものなのじゃろうか?

アニー:存在してるかと言えば存在としてはないよね。

過去は記憶としてあるだけだし、未来は想像上のものでしかないし。

アニ婆:そうなんじゃ。そもそも今現在この時点においては過去も未来も存在すらしないのじゃ。

今現在この時点においてあるのは、

”今という現在のみ”

なんじゃ。

ナナ:確かにそうだね。

私達は、そのありもしない過去や未来に悩んだりしていることになるね(^_^;)

アニ婆:そう。過去も未来もない。

にも関わらず、過去に嘆き、未来に淡い期待をする。

そうやって”今ここを真剣に生きない。”

これがアドラーのいう最大の人生の嘘ということになるんじゃ。

アニー:それが原作の中で言ってた”今ここに人生のスポットライトを当てなさい”

って言う事なんだね。

アニ婆:そう。アドラーの目的論というのは、

”過去に何があっても関係ない。人間は今この瞬間の自分の世界の見方・ライフスタイルを変えれば、今現在を、これからを変えていける”

と言っておるのじゃ。

ナナ:そっか。なんかデールカーネギーが自身の著者「悩まずに進め」の中で、

”明日のことを考えることは大切だが、明日のことで思い悩むことはいけない”

ということを言ってたの思い出したわ。

アニ婆:そうじゃな。来るかどうかわからない未来のことで悩み過ぎてはいけないということじゃな。

明日のことを考えるならば、今、今日一日でできることを全力でやることが大事じゃな。

過去も未来も今ここには存在しないのじゃから。

アニー:いつでも、人間は変わることができる。過去を塗り替えることもできるし、未来を変えることもできるんだね。

”今ここを真剣に生きるなら!”

 

ドラマ「嫌われる勇気」1話から8話(最新話)の見逃し配信を見る方法♪

kirawareru-yuuki-drama-9wa-netabare

ドラマ「嫌われる勇気」ですが、こちらはFOD(フジテレビオンデマンド)で見ることができます♪

FODでは、ドラマが地上波で放送されてからの1週間は無料で見ることが出来るんですね♪

なので、録画忘れた!っていう心配も要りませんし、仕事やお出かけで帰れなかったりしても安心して見れるのでイイですよね~♪

また、この1週間のうちの見逃し配信についてはFODへの登録はしないでも見れるので使いやすいですね♪

もし、1週間以内に見れなかった~という場合には、FODに登録すれば、過去の放送やフジテレビでの今までのドラマだったり映画やアニメなども見ることができます♪

「恋アニ」でも取り上げてる「突然ですが、明日結婚します」もFODで配信中です♪

FODの月額登録料は、888円(税抜き)になってますが、

今なら初月に関しては特典として無料となっていますのでお得に見れます♪

そんなFODの登録はこちらからできます♪

↓↓↓

>>>こちらをクリックして、まずは無料で視聴お試し☆彡<<<

ドラマ「嫌われる勇気」9話ネタバレ&感想♪

kirawareru-yuuki-drama-9wa-netabare

 ☆ネタバレ追記!(2017年3月9日)

それではドラマ「嫌われる勇気」9話ネタバレを書いていきたいと思います♪

見逃し配信みてからという方はここから先は読まない方がいいかと思うので、見逃し配信見てからぜひ読んでくださいね~♪

 

それではいきます!

「嫌われる勇気」9話ネタバレGo!!

9話の事件とアドラー心理学とのリンクをネタバレ(^^♪

アニー:それじゃあ、今回の9話の事件についてと、今回の事件がアドラー心理学とどうリンクしてたか見てみよう♪

ナナ&アニ婆:うん、行ってみよう♪

 

9話の犯人は?

アニー:まずは9話での犯人について明確にあげておきます♪

それじゃあ、せーのっ!

ナナ&アニ婆:土方!

アニ―:そしたら、何で犯行に及んだかの犯行動機について見てみましょう♪

 

9話の犯人の犯罪心理とアドラー心理学とのリンクは?

アニー:それじゃあ、9話での土方の犯行動機を上げていこう♪

ナナ:土方は、犯罪心理学への研究は誰よりも熱心だったみたいだね。

アニ婆:”犯罪心理を学ぶ人で、中には、自分にとっての救世主・メシアとして、犯罪者を崇めてしまう人もいる。”

と、大文字が語っていたが、まさに土方が陥ってしまったということじゃな。

アニー:アドラー心理学の中では、

他者を救うことで自分を救おうとする”メサイアコンプレックス”もあるけど、それも関係あるのかな?

アニ婆:今回はちょっと違う感じじゃないかな?

土方はかなりサイコパス入っておるよな(^_^;)

自分が救世主になるというよりは、土方が崇める”先生”を土方の救世主・メシアであると言っておるからな。

ナナ:土方は、

”虫はあやめてもいいのに、何故、人をあやめてはいけないのか?”

っていうことを言ってたからね(^_^;)

アニ婆:さらには、

”目の前で人が亡くなったのを見た時に興奮した”とも言っておるからな(^_^;)

アニー:完全にイカレテしまってるねm(__)m

 

蘭子の新事実!

アニー:さらに土方は、その亡くなった人というのが蘭子のお父さんということも言ってたよね!

ナナ:まさかそんなことになっていたとは!って感じだったね(^_^;)

アニ婆:蘭子の新事実じゃったな。

他にも蘭子の過去の新事実として、誘拐の時、目隠しをされ、一週間閉じ込められていた。

そして、その犯人が土方と今回土方に手をかけられた近藤ということじゃったな。

アニー:そうして、今回再び、その蘭子の過去がぶり返した感じだったね(^_^;)

 

蘭子の過去とアドラー心理学とのリンク♪

 アニー:今回のアドラー心理学のトラウマの否定は蘭子にスポットが当てられていたね♪

ナナ:そして、今回わかったのが、蘭子はアドラー心理学の全てを受け入れてたわけではなかった!

アニ婆:その受け入れられないものが、アドラーの”トラウマの否定”じゃな。

蘭子は元々、人と違った面があったから、アドラーの考えを学んだ時に、自分は自分でいいと思い救われた気がした。

しかし、誘拐の過去のトラウマだけは消すことができないでいた。

アニー:誘拐にあったことは勿論ないから誘拐された気持ちわかるなんて言えないけど、そりゃトラウマになるよね(><)

ナナ:その誘拐の後、家族もバラバラになってしまったから余計引きずるよね。

アニ婆:それで、今回まさに過去の誘拐事件のトラウマと対決することになったわけじゃな。

アニー:このトラウマの否定に関しては今回9話だけでは解決しなかったね。

ナナ:来週最終回・10話で決着がつきそうだね♪

アニ婆:次週最終回・10話要注目じゃな☆彡 

 

「嫌われる勇気」9話ネタバレまとめ♪

thank-you

いかがでしたでしょうか?

今回の「嫌われる勇気」9話では、アドラー心理学としては、”トラウマの否定”が出て来てきましたね♪

そして、とうとう蘭子の誘拐犯人も明らかになりました!

でも、まだまだ謎がありますね(^_^;)

 

そして、次週3月16日(木)の放送で最終回を迎えます♪

果たして、次週最終回・10話ではどんな展開が待っているのでしょうか!?

ということで、「嫌われる勇気」次回最終回・10話もチェックしていきましょう♪

 

以上ドラマ「嫌われる勇気」9話のネタバレでした♪

最後まで読んで下さり、ありがとうございました♡

 

 

スポンサーリンク