スポンサーリンク

 

 

 

kirawareru-yuuki-drama-utikiri-riyuu-adler-shinrigakkai

こんにちは!アニーです♪

当ブログにご訪問下さりありがとうございます(^^♪

今回、「恋アニ」でも放送ネタバレしているアドラー心理学を基にしたドラマ「嫌われる勇気」なんですが、

まさかの”打ち切りか!?”

という情報が入ってきました(^_^;)

 

ってその噂は本当なの???

本当だとしたら、ブログ書いてるドラマが打ち切りっていうのは、何とも悲しい限りです(^_^;)

 

どういう感じでこうした打ち切りっていう噂が出たのかちょっと調べてみたので書いていきたいと思います(^_^;)

 

 

ドラマ「嫌われる勇気」打ち切りの噂が出た理由とは??

kirawareru-yuuki-drama-utikiri-riyuu-adler-shinrigakkai

それでは、ドラマ「嫌われる勇気」が打ち切りになるかも?と出た理由について見ていきます。

 

自分が知ったのは、モバゲーメルマガをチラッと見たら、

”「嫌われる勇気」、日本アドラー・・・”

って感じで、モバゲーメルマガの、あなたにおすすめのニュースのコーナーにあったので、開けてみたんですね♪

 

ちなみに、モバゲーメルマガ届いてるのはファイナルファンタジーのレコードキーパーをちょこっとやってる関係で登録してました(笑)

って余談ですね(笑)

 

それで、その途中で切れてるタイトルを開いて見ると、なんと!

”「嫌われる勇気」、日本アドラー心理学会から抗議”

ってなってるじゃないですか!?

 

日本アドラー心理学会から抗議って・・・。

うっわ、これってガチなやつじゃないですか??(^_^;)

 

そんな衝撃タイトルからドキドキしながら読んでみたんですが、

アドラー心理学会の抗議理由としては、

”ドラマでやってる内容が、一般的なアドラー心理学として知られてるものとは大きく異なるんですけど~”

っていうのが一番の理由みたいです(^_^;)

 

そうしたことから、放送の中止、あるいはストーリー内容を大幅に見直してくれないですか?

っていうことになってるようです(^_^;)

 

なるほどなぁ、なるほどなぁm(__)m

確かに、ドラマでの蘭子とかはだいぶ角度ありますからね(苦笑)

 

後は、まだ展開としてどうなるのかわからないですが、

重要登場人物の大文字はだいぶ怪しい感じですよね(^_^;)

アドラー心理学とか語りながらも、もしかしたら、犯罪犯してそうな感じの匂いもしますからね(^_^;)

もしも、大文字が犯人役になったとしたらどう受け取っていいのかわからない感じではありますね(笑)

 

ドラマ「嫌われる勇気」打ち切り抗議についての所感(^_^;)

kirawareru-yuuki-drama-utikiri-riyuu-adler-shinrigakkai

この抗議についての所感としては、

う~む、何とも言えない感じですね(苦笑)

ってそれで終わったら元も子もないのでちょっと書きたいと思います(笑)

 

アドラー心理学の紹介とストーリーのダブルでの進捗感で分かりにくくなってるかもですね(^_^;)

それでは今回のドラマ「嫌われる勇気」への抗議がきたことで、改めてドラマを振り返ってみて思う事をちょっと書いて見ます。

自分として思う事は、アドラー心理学の紹介と刑事ドラマとしてのストーリーのダブルで進捗している感じがあって、どちらを理解していいのか分かりにくくなってるかもしれないなと思います(^_^;)

 

そもそも刑事ドラマとして描くっていうのが、だいぶ挑戦してるなぁと思いました(笑)

事件の内容とアドラー心理学を絡めるってだいぶ大変じゃないかなっていう感じですね(^_^;)

 

実際、自分は原作の「嫌われる勇気」と「幸せになる勇気」については結構、読み返していて、他にも岸見先生の著作を読んでいるのでアドラー心理学の内容はわかるのですが、

原作読んでない方だと、恐らくアドラー心理学の用語がかなり突飛な感じに聞こえるのではないでしょうか?

 

アドラー自身は一般の人にもわかりやすく難しい言葉を使わないように心掛けていた方だったんですが、

それでもドラマの中で、”課題の分離”とか”劣等コンプレックス”とか出てくると、その部分が浮いてしまう感じは否めないですよね(^_^;)

そうしたアドラー心理学用語が出てくる度に、ドラマのストーリーがちょっとプツっと切れてしまう感覚があるのではないかと思います(^_^;)

なので、ストーリーに集中していいのか、アドラー心理学を理解したらいいのか迷いが出て、どちらにも入り込みがたいっていうのが一つ難点としてはあるかもしれないですね。

 

スポンサーリンク

 

 

 

【提案♡】ドラマについては、アドラー心理学を知る”きっかけ”のみにとどめてみてはどうでしょうか?

kirawareru-yuuki-drama-utikiri-riyuu-adler-shinrigakkai

あともう一点思う事は、今回のドラマ「嫌われる勇気」については、アドラー心理学を十分理解できるとこまでの紹介ドラマではなく、

そもそもアドラー心理学っていうのがあるんだよ。”

っていうアドラー心理学を知る”きっかけ”のドラマと捉えてみてはどうでしょうか?

 

なんで、そうしたを提案するかというとですね、

そもそもドラマの尺が短すぎるんです(笑)

 

自分はアドラー心理学会の言いたいことも十分わかります(^_^;)

またドラマ制作の人も絶対苦労してるんだろなっていうのも伝わって来てます(苦笑)

 

ドラマの放送持ち時間が、1話につき約50分と計算したとします。

その50分の放送、かける10話と見積もってみます。

そうすると、

10話×50分ということで500分。プラス初回と最終回を15分拡大だとして530分。

そうすると約9時間ほどになりますね。

 

原作の「嫌われる勇気」は書籍だけでなくオーディオブックでも発売されてるんですね♪

そのオーディオブックは原作をナレーターさん二人でまるで舞台かのように本を読んでくれてます♪

 

それで、そのオーディオブックの全体の時間は、

”7時間16分”

になるんですね(笑)

 

ガッツリ1冊対談形式で読むと7時間16分かかるという計算になるんです(^_^;)

ただ、この通常スピードの7時間16分というのは少しゆっくり目です。

 

このオーディオブックは倍速版もあって、倍速版が3時間38分ほどです♪

でも、倍速だとちょっと速いかもしれないので1.5倍にしたとして、全体で約5時間ちょっとはかかりますよね。

 

ガッツリ、アドラー心理学、「嫌われる勇気」を理解するとしたらこのくらいの時間は必要ということです。

 

そうすると、そこに刑事ドラマのストーリーを詰め込むとすると、約4時間ほどで盛り込まないといけなくなっちゃいます(^_^;)

 

け、結構きつくないですか?(^_^;)

 

そう、なので、自分としてはかなり大変な作業を制作陣はしているなと思うんです(^_^;)

ただ、とは言え、このドラマによって不十分な理解によってアドラー心理学が勘違いされたとしたらそれもまたアドラー心理学会としては困るわぁっていうのもわかります(^_^;)

 

結果として思う事は、原作「嫌われる勇気」読んで下さいね(笑)

kirawareru-yuuki-drama-utikiri-riyuu-adler-shinrigakkai

こうした、2つの所感、

  • ストーリーとアドラー心理学のどちらを理解していいかわかりにくいのでは?
  • ドラマについては、アドラー心理学を知る”きっかけ”のみにとどめてみてはどうでしょうか?

 から自分が思う結論としては、

”原作の「嫌われる勇気」と「幸せになる勇気」読んでみて下さい♡”

っていうことになりました(笑)

 

あの、本当に素晴らしい本なんです♪

アドラー心理学は通常、理論はわかっても受け入れがたいと思います(^_^;)

なぜなら、人生において辛いなと思ったことをいろいろな理由をあげて、なんとか隠していた自分の嫌いな部分を、あぶり出されてしまうからです(^_^;)

わざわざ隠しておいたのに、やめて下さいよ~って感じです(笑)

 

でもそうした本当の自分に対して、本当の希望を持って真摯に向き合うことを可能にしてくれる書籍だなと自分は思ってます♪

なので、ドラマに関しては、アドラー心理学っていうのがあるんだなというきっかけにしてもらって、ぜひこの原作を読んでみて下さい♡

 

とは言っても、まだ打ち切りになるかどうかはわかりません(笑)

なので、残りの放送も自分はガッツリ見ようと思ってます♪

 

ということで、以上、ドラマ「嫌われる勇気」の打ち切りの噂についてでした(^^♪

最後まで読んで下さり、ありがとうございました♡

 

スポンサーリンク

 

 

 

参考文献

今回のドラマ「嫌われる勇気」の参考として、原作「嫌われる勇気」を読むことをオススメします♪

 

さらに、もっとアドラー心理学を詳しく知りたいという方は「嫌われる勇気」と「幸せになる勇気」をセットでチェックしてみるとより分かり易いかと思います♪

 

 

本が苦手な方はオーディオブックもオススメです♪