スポンサーリンク

 

 

 

sakiboku-drama-1wa-netabare

こんにちは!アニーです♪

当ブログにご訪問下さりありがとうございます(^^♪

 

嵐の櫻井翔君が主演を務める大注目のドラマ「先に生まれただけの僕」が幕を開けます☆彡

商社マンが高校の校長先生をやって学校再建の乗り出すというぶっ飛んだストーリーとなってますね(笑)

先生じゃないんだみたいな(笑)

 

そんなドラマ「先に生まれただけの僕」ですが、果たして1話で鳴海にはどんな展開が待っているのでしょうか!?

ということでドラマ「先に生まれただけの僕」1話についてネタバレしていきたいと思います(^^♪

 

ドラマ「先に生まれただけの僕」1話あらすじネタバレ♪

それでは、ドラマ「先に生まれただけの僕」の1話のあらすじについてネタバレしていきましょう!

果たしてドラマ「先に生まれただけの僕」の1話ではどんなあらすじとなっているのでしょうか!?

 

ということで「先に生まれただけの僕」の1話あらすじネタバレスタート!!

総合商社・樫松物産に勤める鳴海涼介(櫻井翔)は、抜群の営業力で青森にある子会社の赤字経営を立て直した。

ある日、彼は、東京に戻ってくるようにと上司に命じられる。

次の役職はなんと、高校の『校長』。

いわば左遷であった。

 

会社が経営する私立京明館高校が毎年赤字で、鳴海はその京明館高校の経営再建を任されたのであった。

鳴海は戸惑うものの、サラリーマンとして会社の決定に従うしかなった。

 

校長に就任した鳴海は副校長の柏木文夫(風間杜夫)とともに、教員たちと面談するが、彼らは誰ひとり危機感を持っていない様子。

一方、真柴ちひろ(蒼井優)をはじめとした教員たちは、教育の現場を全く知らない鳴海に不信感を抱く。

鳴海はこれまで経験してきたビジネスの論理で学校改革を目指すものの、さまざまな壁が立ちはだかり…。

(引用:「先に生まれただけの僕」公式サイト)

こちらをクリックして、まずは2週間無料でお試し☆彡

 

ドラマ「先に生まれただけの僕」1話予告動画ネタバレ♪

それでは、ドラマ「先に生まれただけの僕」1話の予告動画あがりましたので、載せますね(^^♪

果たして、1話の予告動画はどんな感じでしょうか!?

 

ということで「先に生まれただけの僕」1話の予告動画になります♡

 

スポンサーリンク

 

 

 

ドラマ「先に生まれただけの僕」1話の見逃し配信を視聴する方法を紹介♪

ドラマ「先に生まれただけの僕」1話ですが、ドラマが地上波で放送されてからの1週間は公式ホームページに設置されてる日テレ無料TADA!において無料で見ることが出来るんですね♪

 

なので、録画忘れた!っていう心配も要りませんし、仕事やお出かけで帰れなかったりしても安心して視聴できるのでイイですよね~♪

お出掛けの際など、家にいない時はスマホも対応されてるので、出先でも見ることが出来ます☆彡

また、この1週間のうちの見逃し配信については、登録等の手続きはしないでも視聴できるので使いやすいですね♪

 

それで、もし、1週間以内に見れなかった~という場合には、Huluにおいて見逃し動画を見ることができます☆彡

Huluでは、最新ドラマから過去の名作ドラマをはじめとして、映画やアニメなども見ることができます♪

 

Huluの月額登録料は、933円(税抜き)になってますが、

今なら最初の2週間に関しては特典として無料お試し期間となっていますのでお得に見れます♪

そんなHuluの登録はこちらからできます♪

↓↓↓

こちらをクリックして、まずは無料でお試し☆彡

※さらに詳しく知りたい方はこちらの記事で書いてます♪

先に生まれただけの僕、動画1話がHuluなら無料で視聴できる!?

 

ドラマ「先に生まれただけの僕」1話ネタバレ&感想♪

☆ネタバレ追記!(2017年10月14日)

それではドラマ「先に生まれただけの僕」1話ネタバレを書いていきたいと思います♪

見逃し配信見てからという方はここから先は読まない方がいいかと思うので、配信動画見てからぜひ読んでください♪

それではいきます!

「先に生まれただけの僕」1話ネタバレGo!!

 

スポンサーリンク

 

 

 

「先に生まれただけの僕」1話放送ネタバレ実況中継♡

今回は櫻井翔君の生徒になりたいアニーちゃん、ナナちゃんが話し合っています♪

登場人物:アニー、ナナ

登場人物についてはこちら♪

登場人物紹介

アニー:それでは、ここからは実況中継的に「先に生まれただけの僕」1話をネタバレしていきます☆彡

さぁ、「先に生まれただけの僕」1話始まって参りました☆彡

ナナ:まずは、鳴海は柏木と話してる♪

アニー:さらに鳴海は京明館高校の先生達と話して高校の立て直し方法を探ってる♪

ナナ:でも、なかなか先生達からいい意見は出てこない感じだね(;^ω^)

 

アニー:場面は変わって鳴海が高校の校長として来る前の映像が流れる(;^ω^)

鳴海は商社マンとして営業に走ってる♪

ナナ:鳴海は最年少支店長として活躍してたんだね♪

アニー:ただあらすじにあるように樫松物産が経営してる京明館高校が赤字ということで鳴海は校長先生になるように指示されてる(;^_^A

ナナ:商社マンが校長先生になるって凄いよね(笑)

アニー:しかも、鳴海は35歳っていうめっちゃ若い感じ(;^ω^)

 

ナナ:そんな鳴海が校長として先生達と面接してるシーンに戻るけど、先生達は経営難に対する意識はまるでない感じ(;^ω^)

アニー:まぁ、経営という視点では全く見てないからね(^_^;)

ナナ:果たしてどうなるやら(^_^;)

 

アニー:京明館高校の始業式の朝、職員室では鳴海への不満などが早くも飛び交ってる(笑)

ナナ:鳴海、先が思いやられるね(^_^;)

アニー:学生達は非常にうるさい(笑)

と言ってもGTOみたいな不良達がいるって感じではないね(笑)

ナナ:でも、これからいろいろ問題噴出するんだろうね(^_^;)

 

アニー:始業式が始まる!

ナナ:鳴海が出てくると、鳴海の若さとイケメンぶりにザワついてる♪

アニー:まぁ、嵐ですからね(笑)

ナナ:今日本でトップを張ってるアイドルだからイケメンであるのは間違いない(笑)

アニー:鳴海は挨拶に立つ。

ナナ:鳴海は挨拶の中で、自分が高校生の時に、

”校長先生の話は長すぎる”

と思ってたことを一言話す♪

この鳴海の発言に高校生達は同調してる☆彡

すると、鳴海はその思いの通り、そこで挨拶をソッコーで終えた!(笑)

アニー:これによって、鳴海は一気に高校生達の心を掴んだ!!

ナナ:鳴海、さすがやり手の商社マンだわ♪

 

アニー:先生達は始業式が終わると、鳴海の短すぎる挨拶に不平不満を言ってる(笑)

ナナ:鳴海は夜になると恋人の松原と久しぶりに飲んでる♪

アニー:どうやら鳴海と松原は鳴海が東京に戻ってくるまで遠距離恋愛だったから鳴海が帰ってきて喜ばしい感じ(^^♪

ナナ:でも、鳴海はちょっと校長になったことに不満を持ってて愚痴ってる(^_^;)

 

アニー:翌日、鳴海は校長業務に入るけど、本社から高校縮小を求められてる感じ(^_^;)

ナナ:それによって、鳴海は何とか経営改善への取り組みに励んでいく!

アニー:鳴海は真柴を連れて学習塾への営業に回る(;^_^A

ナナ:その中で、京明館高校の問題点として、

・私立だけど京明館高校はエスカレーター式でいける大学がないので進学の保証がない。

・京明館高校の偏差値はあまりよくない。

・そうしたところから京明館高校のライバルは公立の高校になる。けど、そうすると、京明館高校の学費が公立と比べて高い。

・京明館高校が持ってる理念はいいかもしれないが、ちょっと特徴がない。

・京明館高校の特進クラスの進学先があまりよくない。

アニー:結局学習塾が京明館高校を勧める理由がないとのことだったね(;^_^A

 

ナナ:鳴海は翌日学校の授業風景を見るけど、非情に厳しいレベル(;^_^A

アニー:こりゃヤバイわ(;^_^A

ナナ:鳴海は思わず、保健室に駆け込む(笑)

アニー:鳴海は胃がやられたようで胃薬をもらおうとするけど、保健室で薬は出せないということで見んとのお茶をもらって癒してもらう♪

ナナ:っていうか保健室の先生が綾野って理想の美人保健室先生って感じだね☆彡

鳴海は保健室に通いたくなってるし(笑)

 

アニー:鳴海は専務の加賀谷と会ってる。

ナナ:何やらこの二人は因縁がある感じだね(;^_^A

アニー:加賀谷は鳴海の仕事力は認めてるけど、鳴海のこと嫌いみたい(^_^;)

ナナ:鳴海を京明館高校に送ったのは加賀谷だったことが判明( ̄▽ ̄;)

アニー:さらに鳴海が尊敬してる柳沢がメンタル的に参ってる状態になったことも判明m(__)m

ナナ:さらに鳴海は加賀谷から、高校でいじめとかの問題起こすなよってくぎを刺されたm(__)m

加賀谷は鳴海の最大の敵になるね(^_^;)

 

アニー:鳴海は柳沢が入院してる病院にやってくる。

ナナ:柳沢は駅のホームから落ちたとのことでかなり重症になってる。

アニー:柳沢は自ら命を断とうとしたとのことだった。

ナナ:そんな柳沢は鳴海のことを心配してくれてる(^_^;)

アニー:また柳沢は鳴海ならやれると励ましてくれた。

ナナ:ここで鳴海が京明館高校に行かされた理由の一つとして、鳴海は教員免許を持ってることやお父さんが教師をやっていたことも校長先生になった理由みたいだね♪

 

アニー:鳴海は柏木と再建について話してる。

ナナ:すると、そこで教室の窓が割れる音が!

アニー:聖とが無茶苦茶喧嘩してる(^_^;)

ナナ:賞状やトロフィーを飾ってる棚のガラスも割れる事態に(;’∀’)

アニー:鳴海は真柴に、問題はマズイよ~って感じでかなり焦ってる(^_^;)

ナナ:今回問題を起こした加瀬と話す。

アニー:今回三鷹が加瀬のお父さんが入院してるようなのでそれについて話しかけたところから喧嘩に発展。

ナナ:加瀬のお父さんはクモ膜下出血によって入院したとのことだった。

加瀬のお父さんは車椅子に乗りながら移動してるようだからかなり重症っぽいねm(__)m

アニー:加瀬のお父さんは助かったけど、仕事復帰できるまでに1年かかるとのこと。

ナナ:これによって加瀬は進学は厳しいと思ってるとのこと。

アニー:誰にも言えないことに対して三鷹が触れたから加瀬はカッとなってしまったとのこと。

ナナ:真柴は加瀬は優秀だから国から助成金も出るから諦めなくていいと話したおんぷ

 

アニー:鳴海は家に帰ると実家に電話して母と話す。

ナナ:鳴海は母に鳴海が自分から大学に行きたいと言ったかどうか確認してる。

アニー:鳴海は成績も悪くなかったから高校の先生が勧めてくれたとのこと。

ナナ:この事実に鳴海は何か思う事があるようだね♪

 

アニー:鳴海は高校で会議をやろうとしてるけど、先生達は時間になっても全く来ない(^_^;)

ナナ:鳴海は今までの会社だったらあり得ないと言って不満が(^_^;)

アニー:先生達が現れると、鳴海は奨学金について先生達に聞いてる。

ナナ:鳴海は真柴が奨学金を加瀬に勧めてたけど、奨学金は借金っていうことを分かってるのか?

と尋ねる。

アニー:鳴海は奨学金が借金だということを生徒にちゃんと説明すべきではと言う。

ナナ:ただ、先生達はその奨学金がなければ進学率下がると話す。

アニー:でも鳴海は先生は生徒達に勉強以外にも教えることが大事ではと話す。

ナナ:さらに、鳴海は、

”先生達は緩すぎる。

会議に遅刻してそれで許されるなんてことは通常の会社ではありえない。”

と叫ぶ(;^_^A

アニー:鳴海はハッキリと、

”学校はビジネス”

と言い切る!

ビジネスである以上、このまま経営難が続けば学校はなくなるかもしれない。

この経営難を打開するには、まず教師が変わらなければいけない!

鳴海は先生達に生徒に対する意識を変えて下さいと訴える(;^_^A

ナナ:鳴海はビジネスの観点から、先生達は生徒から授業料をもらって働けることを訴える。

その中で生徒は商品であり、先生はクライアントに責任を果たさなければならないことを強調!

アニー:鳴海の熱い想いが炸裂した!

ただ、そこで真柴から、鳴海はサラリーマンだから上から言われて嫌々校長をやってるんじゃないんですか?

といったキツイ質問をされる(;^_^A

ナナ:言葉に詰まる鳴海に真柴は、

”鳴海はビジネスのことだけを考えて、教師は生徒や授業のことだけを分けて考える”

ということを言い放つ(;^_^A

アニー:それによって会議が終わってしまったm(__)m

鳴海としては、みんなで一丸となって改革をしていきたいから分けて考えるのには反対。

だけど、柏木はみんな教師なんだから仕方ないと言うばかり(^_^;)

 

ナナ:そこで鳴海が奨学金のことで先生達と言い争いになってるとの噂を嗅ぎ付けた加瀬が鳴海の前に現れる。

アニー:そこで鳴海は加瀬に語り始める。

鳴海自身、父親が亡くなったことでお金がなかったから奨学金で大学に通った。

だけど、その奨学金が借金であるというちゃんとした意識を教えられないまま借りて、今正直その奨学金の返済がキツイ状況を告げる。

ナナ:鳴海は払えてるけど、他の人ではかなり負担になってる人もいるとのことだよね。

アニー:ただ、鳴海は加瀬に対して大学に行ってほしいと伝え始める。

これからの時代、大企業に入ってもその大企業が潰れる可能性もある。

AIの台頭も激しいものになり仕事自体なくなる可能性もある。

だからこそ、大学に行って、誰も加瀬の代わりになれないような本物のスキル・力をつける必要がある。

だから、その覚悟を持てるのなら、しっかり奨学金を借りて大学に行って欲しい!

と熱く鳴海は加瀬に語った!

ナナ:かなり感動のシーンだと思ったその瞬間!

逆に加瀬には恐怖心を駆り立てるだけの説明だったようで、加瀬は、

”聞きたくなかった!

そんなこと今決められない!”

と言って走って去っていった(^_^;)

アニー:鳴海と加瀬のやり取りを聞いていた真柴は、

”高校生なんだから、現実を教えればそれでいいっていうものではない”

と鳴海に突き付ける(;^_^A

ナナ:鳴海は、”マジかぁ~”って感じで絶句状態(笑)

なかなか厳しい現実が横たわってるね(^_^;)

1話Fin☆彡

こちらをクリックして、まずは2週間無料でお試し☆彡

 

「先に生まれただけの僕」1話ネタバレまとめ♡

Thank you

アニー:「先に生まれただけの僕」1話終わったね♪

「先に生まれただけの僕」では奨学金などの学校・教育問題が取り上げられてる感じだね♪

ナナ:教育の問題は多岐に渡ってるだろうから大変だよね(^_^;)

アニー:今回は奨学金の問題が出てきたけど、まぁ確かに返済大変なんだよね(;^_^A

ナナ:私も今返してるとこだわ(^_^;)

アニー:私も(笑)

ニュースとかでも奨学金が返せなくてしんどい思いしてる人いるってやってたりするよね(^_^;)

ちなみに、奨学金は返済がきつくなったら、返済を猶予してくれる制度もあるからキツイ人は、

日本学生支援機構

にアクセスして手続きしてみて下さいね♪

私も実は猶予してもらってた期間がありました(;^_^A

ナナ:こうした猶予期間だったり返済の減額制度って恐らく学校で1、2回程度しか説明されてないだろうから忘れちゃったりしてるんだよね(^_^;)

アニー:そだね(;^_^A

とりあえず大変になったら、相談すれば解決策が見つかるかもしれないから相談することがおススメだね♪

って、話がドラマからそれちゃった(笑)

ナナ:大事なとこではあるからいいでしょ(笑)

アニー:そんなドラマ「先に生まれただけの僕」だけど、次回2話ではどんな展開が待ってるのか要注目だね☆彡

ということで、以上、ドラマ「先に生まれただけの僕」1話のネタバレになります♪

最後まで読んで下さり、ありがとうございました♡

次回2話でまたお会いしましょう☆彡

See you~♡

 

 

スポンサーリンク