スポンサーリンク

 

 

こんにちは!アニーです♪

当ブログ「恋アニ~恋のAnniversarry~」にご訪問下さりありがとうございます(^^♪

 

今回ご当地花火大会をテーマにその地元に住んでる方に、

おすすめの花火大会について募集をかけさせていただきました♪

今回は【隅田川花火大会】を「ちーちゃんさん(50代・女性・東京都在住)」

に紹介して頂きます☆彡

ということでちーちゃんさん、宜しくお願い致します^^

☆ちーちゃんさん(50代・女性)による【隅田川花火大会】の紹介☆

夏のイベントといえば、数あるイベントの中でも花火大会をイメージする方が多いことでしょう。

夏の風物詩でもある花火大会は、さまざまなエリアで行なわれており、そのエリアの文化や伝統を肌で感じられるものとなっていますよね。

数ある花火大会の中でも、一押しの全国的に知られている東京の三大花火大会のひとつの【隅田川花火大会】をご紹介します。

 

隅田川花火大会の概要とおススメポイントについて

それでは、【隅田川花火大会】について紹介していきたいと思います☆彡

テレビで中継もされる有名な花火大会

【隅田川花火大会】は、東京だけではなく全国的に有名な花火大会で、

花火会場に行かなくても毎年テレビ中継されているので、ご自宅でも鑑賞できる人気の花火大会です。

毎年100万人もの人出で溢れています。

2つの会場で多彩な打ち上げ花火が空を彩る

花火大会は2つの会場で行なわれ、

第一会場では花火コンクール玉を含めて約9,500発、

第二会場ではスターマインなどの花火約15,000発が打ち上げられます。

花火コンクールでは、7つの両国花火ゆかりの業者と、日本国内の代表的な花火大会において優秀な成績をおさめた業者がこの大会のために渾身の力作を披露して競い合います。

江戸の風情も楽しめる

【隅田川花火大会】は、打ち上げられる花火数の多さだけでなく、その花火自体のレベルの高さや2つの会場で行なわれるという規模の大きさを誇っており、それにマッチした周辺の下町情緒とさまざまな出店や江戸と和の風情を味わえる屋形船などを楽しめるのものポイントです。

隅田川沿いで演出される大規模な花火大会は、広範囲な場所から鑑賞することができますが、それでも毎年場所が不足するほどの賑わいを見せている、日本一と言っても過言ではない素晴らしい花火大会といえるでしょう。

隅田川花火大会の穴場スポットについて

2つの会場で打ち上げられる【隅田川花火大会】は、会場前で鑑賞するのが最適ですが、場所取りができなかった場合などの穴場スポットをいくつか紹介します☆彡

1.歩行者開放区域が設けられる水戸街道向島5丁目バス停周辺

水戸街道向島5丁目バス停周辺は、夕方になると歩行者開放区域ができ、第一会場と第二会場の両方の花火を見ることができるおススメのスポットです。

この場所は、従来は地元の人たちがのんびりと花火を眺めていた由緒ある場所でもあるので、双方から打ち上げられる迫力ある花火を存分に楽しめます。

2.場所と確保し易い桜橋中学校周辺

隅田川沿いにある桜橋中学校は、橋と橋との合間にあり打ち上げ会場から至近にあるにも関わらず、比較的場所を確保し易く、第一会場と第二会場のいずれの花火も間近で見ることができる穴場スポットです。

3.スカイツリーのライトアップとともに楽しめる浅草小学校脇の公園

台東区側で見るには、川にほど近い江戸通りか馬道通りとなりますが、この2つの通りの間にある地元では北側公園と呼ばれている、浅草小学校の脇にある公園が穴場です。

ここからは、右側にスカイツリーのライトアップ、左側に第一会場の見事な花火と一度に2つを楽しめます。

4.台東区側の超穴場の浅草寺

広い境内がある浅草寺は、案外知られていないスポットとなっているので、ゆったりとした空間の中で、打ち上げられる花火を眺められます。

隅田川花火大会の開催日程について

【隅田川花火大会】の開催日程についてですが、

2018年7月28日(土)となります。

小雨決行で、荒天時の場合は2018年7月29日(日)に延期されます。

開催時間については、

午後7時から午後8時30分となります。

開催場所については、

第一会場桜橋下流~言問橋上流

第二会場駒形橋下流~厩橋上流となります。

公式HPはコチラになります。

隅田川花火大会実行委員会

隅田川花火大会のアクセス方法や注意事項について

【隅田川花火大会】は規模が大きく、会場が2つに分かれるので、各アクセス方法についてご紹介します☆彡

【隅田川花火大会】の第一会場(桜橋下流~言問橋上流)

住所(桜橋付近):〒131-0033 東京都墨田区向島2-1-5

都営地下鉄浅草線の「浅草駅」から徒歩約15分。

その他最寄り駅はには「押上駅」と「東京スカイツリー駅」、「曳舟駅」もあります。

【隅田川花火大会】の第二会場(駒形橋下流~厩橋上流)

住所(厩橋):〒111-0043 東京都台東区駒形2-1

第二会場へは浅草線の「浅草駅」と大江戸線の「蔵前駅」から徒歩で約5分。

その他の最寄り駅には「両国駅」と「浅草橋駅」もあります。

【隅田川花火大会】の注意事項

隅田川花火大会の注意事項としては、都心で行なうため、

座って鑑賞スペースがあまりないので歩きながらとなり、

大変に混雑するので歩行者についても一方通行規制を実施しています。

≪補足≫

ちーちゃんさんより通行規制の紹介がありましたが、

交通規制についてはアニーが調べてみました☆彡

以下は昨年(2017年)の交通規制案内となります。

出典:リセマム

2018年の交通規制についてはまだ発表されていませんが、

恐らく同じような交通規制が実施されるかと思います。

発表がされたら追記しますね(⌒∇⌒)

隅田川花火大会の近隣駐車場について

道路規制が行なわれるため、地下鉄などの鉄道路線を利用するのが最適です。 

≪補足≫

駐車場についてもアニーの方で調べてみました☆彡

【隅田川花火大会】は毎年100万人もの観客で大賑わいなので、

会場付近のパーキングに駐車するには、交通規制の始まる前ずっと前から行かないと厳しそう(;^ω^)

普段から満車のところも多いそうです…(;´Д`)

どうしても車で行かれたい方は、最寄り駅より幾つか先の駅のコインパーキングに停めて、電車で最寄り駅まで行かれた方がいいかもしれません。

隅田川花火大会2018!日程や穴場スポット、アクセス駐車場情報を紹介!まとめ

いかがでしたか?

【隅田川花火大会】は、1961年までは両国橋上流で行なわれいて、

交通事情の悪化などに伴い翌年以降の開催が中止され、

1978年に打ち上げ場所をさらに上流に移動し復活した歴史と伝統のある花火大会です。

花火師によるコンクール用のさまざまなデザインの花火をはじめ、

迫力ある大輪が東京の夜空を彩る世界は圧巻です。

下町風情を感じながら、夏の風物詩である美しく見事な花火を心行くまで楽しめる【隅田川花火大会】は、東京で最も巣晴らしい花火大会といえるでしょう。

========================

ちーちゃんさん、【隅田川花火大会】についてのご紹介

どうもありがとうございました(⌒∇⌒)

かなりの人でまずその迫力に驚くかもしれませんが、

年に1度の夏の大イベントとなりますので、下町の情緒とともに日本の夏を感じに行かれてみてはいかがでしょうか?

それでは、以上、「隅田川花火大会2018!日程や穴場スポット、アクセス駐車場情報を紹介!」でした。

最後までお読みくださりありがとうございました♡

 

 

スポンサーリンク