スポンサーリンク

 

 

こんにちは!アニーです♪

当ブログ「恋アニ~恋のAnniversarry~」にご訪問下さりありがとうございます(^^♪

 

今回ご当地花火大会をテーマにその地元に住んでる方に、

おすすめの花火大会について募集をかけさせていただきました♪

今回は【多摩川花火大会】を「なみちんさん(50代・女性・東京都新宿区在住)」

に紹介して頂きます☆彡

ということで「なみちんさん」、宜しくお願い致します^^

 

☆なみちんさん(50代・女性)による【多摩川花火大会】の紹介☆

夏の風物詩として毎年開催されている多摩川花火大会をご存知でしょうか?

多摩川花火大会は、「世田谷区たまがわ花火大会」と「川崎市制記念多摩川花火大会」の2つの大会が連携して、同時に行なわれる大規模な花火大会です。

いずれの花火大会も6000発の花火が打ち上げられるため、

あわせて12,000発もの花火を楽しめる関東でも大規模な花火大会として人気です。

 

多摩川花火大会の穴場スポットについて

花火大会を楽しむにはメイン会場の有料席が最適ですが、

いくつかの穴場スポットも存在しています。

①電車の駅からもさほど遠くない川崎側

川崎市側の会場は東京都側の会場に比べて比較的空いています。

東急田園都市線の二子新地駅より徒歩で16分ほどの場所にあり、

トイレや喫煙所も用意されているので、花火大会から帰るときも比較的混雑も避けられる場所です。

②大迫力を楽しめる宇奈根会場

最も混雑する二子玉川駅から徒歩で25分ほどですが、

小田急線の成城学園前駅からも行かれるので、混雑が避けられるだけでなく、

メイン会場と打ち上げ場所との距離がほとんど変わらないので、

迫力満点の花火を楽しめるスポットです。

③教習所のコヤマドライビングスクール

二子玉川駅から徒歩で7分ほどの場所にある、実はあまり知られていない会場に近いスポットです。

周辺にさえぎるような高いビルもないので、たっぷりと打ち上げられる花火を見ることができます。

④混雑知らずの丸子橋

打ち上げ場所から少し離れてしまいますが、東急東横線の多摩川駅から徒歩で7分ほどの場所にある多摩川の丸子橋もおススメの穴場です。

橋の上なので、邪魔するものがないため、大輪の花火全体を眺めることができます。

 

スポンサーリンク

 

 

 

多摩川花火大会のおすすめポイントについて

「世田谷区たまがわ花火大会」は、区民の憩いの場として親しまれている多摩川の水辺で、

毎年テーマを決めて、花火の音と光の芸術を満喫できる趣向を凝らした花火を打ち上げます。

今年は、「彩~未来につながる親和の夜空~」をテーマに、6000発の花火を楽しめます。

 

四季折々の魅力に溢れる風景と地域性を生かした活力ある生活、創造性と感性に輝く芸術、

さまざまな個性を持つ世田谷区民の育む生活文化を輝く力の「彩」とイメージして、

色とりどりに変化する小型花火や最も大きな10号玉の花火が澄み渡る世田谷の秋の夜空に華々しく飾ります。

最大の見所は、盛大なナイアガラやスターマイン花火で、芸術性の高い花火が存分に楽しめます。

 

一方、同時に開催される「川崎市制記念多摩川大会」では、

音と光をコラボレーションさせた花火のショーのハナビリュージョンが行なわれます。

川崎市には市民だけでなく全国民に知られている藤子・F・不二雄ミュージアムがあるため、

ドラえもん花火などが打ち上げられ、小さなお子さんでも歓声をあげて楽しめるバラエティに富んだ花火が大人気なんですよね。

 

毎年8月の恒例行事として開催していましたが、2017年度は残念ながら大雨で中止になってしまったので、

2018年度は暑さがひと段落ついた秋の夜空で風情のある大花火大会が楽しめるでしょう。

多摩川花火大会の開催日程について

【多摩川花火大会】は東京都世田谷区と神奈川県川崎市で同時開催される花火大会です。

開催日>>>

2018年10月13日の土曜日

※荒天の場合は中止となります。

打ち上げ時間>>>

午後6時から午後7時

開催会場>>>

世田谷区立二子玉川緑地運動場(東京都世田谷区)

川崎市高津区諏訪・多摩川河川敷(神奈川県川崎市)

公式サイト>>>

世田谷区たまがわ花火大会

川崎市観光協会

お問い合わせ先>>>

サンキューコールかわさき Tel.044-200-3939

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

多摩川花火大会のアクセス方法や注意事項について

【多摩川花火大会】は、世田谷区と川崎市の同時開催となります。

まず、世田谷区の「世田谷区立二子玉川緑地運動場」はコチラになります。

住所:〒157-0077 東京都世田谷区鎌田1-3-1

最寄り駅は、東急田園都市線の「二子玉川駅」から歩いて約15分くらいです。

 

続いて、川崎市の「川崎市高津区諏訪・多摩川河川敷」はコチラになります。

住所:〒213-0004 神奈川県川崎市高津区諏訪2丁目

最寄り駅は、東急田園都市線の「二子新地」「高津駅」から歩いて約20分くらいとなります。

 

会場周辺は、世田谷側も川崎市側のいずれも大規模な交通規制が行なわれるため、

国道246号線や二子玉川駅周辺の道路はかなりの渋滞となるので、

できる限りは電車でいくことが望ましいでしょう。

多摩川花火大会の近隣駐車場について

河川敷で行なわれるため、専用の駐車場がないため、

二子玉川駅周辺の玉川高島屋などの商業施設内の駐車場を利用することとなります。

多摩川花火大会2018!穴場スポットや日程、アクセス駐車場情報を紹介!まとめ

2017年は大雨で残念なことに中止となってしまった多摩川花火大会ですが、

毎年39万人ほどの人で賑わう一大イベントなので、2018年度は秋空を輝かしてくれることでしょう。

1時間という時間をかけて打ち上げられるのでじっくりとその美しさと迫力が楽しめます。

特に、終盤となると会場内がまるで昼間のような明るさにまでなる、

一気にたくさんの花火が打ち上げられるスターマンが登場し、

フィナーレの尺玉花火と仕掛け花火のコラボで大感動です。

========================

なみちんさん、【多摩川花火大会】についてのご紹介

どうもありがとうございました(⌒∇⌒)

世田谷で行われる「世田谷区たまがわ花火大会」と、

川崎市で行われる「川崎市制記念多摩川花火大会」の同時開催なんて、

とても贅沢した気分になっちゃいますね♪

【多摩川花火大会】は神奈川県で第1位の人気花火大会なので、要チェックですよ☆彡

 

それでは、以上、「多摩川花火大会2018!穴場スポットや日程、アクセス駐車場情報を紹介!」でした。

最後までお読みくださりありがとうございました?

 

 

スポンサーリンク