宇多田ヒカル、男性に経済力求めないと発言♪新たな恋愛観が男女平等を生む!?

 

2016年4月より、朝ドラ「とと姉ちゃん」の主題歌「花束を君に」を発売し、歌手活動ん再開した宇多田ヒカルさん♪

自分としては宇多田ヒカルさんの復活は熱望してたので、めっちゃ嬉しいです!

そんな宇多田ヒカルさんですが、先日男性に求める条件として、

“経済的な部分に関しては最下位です”

という女性の時代をリードする発言をしていました。

さすが、ヒカルパイセン!と思いまして、この発言に対して「恋アニ」が思うことを、書いていきたいと思います♪

 

賛否両論で白熱した男性への条件への意見と経緯

宇多田ヒカルさんの”男性に経済力はそんな求めていない”という発言ですが、賛否両論があるようで、Twitterでも白熱しておりました。

その中では、女性が働いて男性が家庭でもいいのでは?という意見だったり、ヒッキーだから言えるんだよという意見があったり、二人が納得してればいいんじゃない?というものだったりと意見が繰り広げられていました。

 

この宇多田ヒカルさんの発言の経緯としては、やはりこれだけ売れまくってるヒッキーだからこそつきまとう偏見ですよね。

 

宇多田ヒカルさんはイタリアの方と再婚されましたが、お相手はバーテンダーということです。そのお相手と宇多田ヒカルさんとの経済格差についてネット上でニュースサイトなどが書いたようで、それに対しての反論をしたようです。

 

確かに、旦那さんは芸能人ではなく一般人なんですよね。

 

なので、その書き込みとかは、普通だったら不快に感じるでしょう。宇多田さんの旦那さんはもしかしたらそういうことも覚悟をしているかもしれないですが、やはりそうした書きこみはそもそもNGではないでしょうか?

 

そう考えると宇多田さんが反論したくなるのもわかる気がします。

 

宇多田さんからしても自分が好きになって結婚した相手ですし、お子さんも生まれていますからね。

こうしたことにはっきりと答えておくというのは大事かもしれません。

 

ともあれ、その答え。さすがヒカルパイセンですね♪

やはりキレ味が違います♪気持ちいいですね♪

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

「恋アニ」的に思うことは??

この宇多田ヒカルさんの発言に対して、「恋アニ」的に思ったことこととしては、

 

”男女平等へと一歩近づく意見”

 

ということです。

何とも大きいテーマのような言い方になってしまいましたが(笑)

 

この宇多田さんの意見を聞いた時に、男性が稼がないといけないというプレッシャーから解き放たれる時が来たらいいなぁと思いました。

 

現代としては、リストラ問題もありますし、なかなか男性も働くの大変ですよね。

もちろんまだまだ女性の働く現場は男性よりも厳しいものはあると思いますが、女性でも男性より働く能力が高い人はいっぱいいます。

起業して社長をされている方も多数いますし。

 

なので、今まで女性が働く男性の縁の下の力持ちとなって支えてきたように、今度は男性が働く女性をサポートするという形に回ってもいいのかもしれないですね♪

 

この宇多田さんの意見がいいのは、その人の人間としての部分をちゃんと見ていくということだと思います。

経済的な部分、そうした生活面における部分を重視する結婚生活ではなく、その人という人間が好きだから一緒にいる。

なんかいいですよね♪

 

なかなか稼げていない男性からしたら稼げていない自分に対して、自分は奥さんを守れていないダメな男だ・・・。と思ってしまうかもしれませんが、このヒッキー発言でいけば、”いやいや、私があなたと一緒にいるのはそこじゃないから”ということで、男性としてはホットするのではないでしょうか?

 

働く活力としても、稼げていない後ろめたさからの責任感よりも、人間として好きでいてくれてるこの人の為にという風に思って働く方がやる気もみなぎるのではないでしょうか?

 

またこのヒッキー発言のいいところは、お互い人間としての成長をし続けなければ成立しないということだと思います。

 

この意見からみたら、経済的なところが抜かれるので、人間としての魅力で相手を引き付けることが重要になります。

地位や名誉よりも、人間としての器であったり、他の人にはない自分だけのオリジナリティであったりというところに焦点が当てられます。

 

そうなると本当にお互いがお互いのことを理解することになると思います。

経済的なところであれば、分かり易く数字で表れますが、こうした人間的なところって数字ではありませんし、また人によって好き嫌いも違いますし、ちょっと複雑です。

でも、そんな複雑さを超えて、人間を見るからこそ、単純にこの人が好きということでも選ぶことができるのではないでしょうか?

人を好きになることに多くの理由っていらないですよね?

ビビビっときちゃった!というこの感覚が実は正解なのかもしれません。理屈はその後みたいな(笑)

 

実際に、アメリカで一目惚れをしたカップルがその後どうなっていったかの実験が行われたのですが、

その結果はなんと、70%もの人達が長期的なお付き合いに発展したそうです!

 

しかも、女性からの一目惚れで結婚した場合は、離婚率は10%以下という驚異的な結果が出たようです!

女性の直感恐るべしですね♪

 

この宇多田ヒカルさんの”男性に経済力求めない”という新たな恋愛観が、これからの恋愛や結婚において、本当の意味でお互いを尊重し合える価値観になったらいいですね♪

 

 

スポンサーリンク