スポンサーリンク

 

 

こんにちは!アニーです♪

当ブログ「恋アニ~恋のAnniversarry~」にご訪問下さりありがとうございます(^^♪

 

今回ご当地花火大会をテーマにその地元に住んでる方に、

おすすめの花火大会について募集をかけさせていただきました♪

今回は【横浜スパークリングトワイライト】を「Cantikさん(20代・女性・東京都在住)」

に紹介して頂きます☆彡

ということで「Cantikさん」、宜しくお願い致します^^

 

☆Cantikさん(20代・女性)による【横浜スパークリングトワイライト】の紹介☆

横浜の魅力を満喫できる【横浜スパークリングトワイライト】をご存知でしょうか?

【横浜スパークリングトワイライト】は、夜空を煌かす花火大会だけでなく

パレードや屋台などのさまざまなイベントも同時に楽しめる、横浜の夏の一大イベントです。

横浜のシンボルとも言える氷川丸の上に打ち上げられる大輪の花火はもちろん、

海上消防隊の活動の体験などと、お子さんから大人までが十分に楽しめます。

 

横浜スパークリングトワイライトの穴場スポットについて

【横浜スパークリングトワイライト】では、

前売りだけでなく当日券も販売する有料席がありますが、

そのほかにも気軽に花火を楽しめる穴場のスポットもいくつか存在します☆彡

1.芝生のエリアのある赤レンガ倉庫

赤レンガ倉庫の1号館と2号館の広場岸壁からは、

しっかりと花火を見ることができ、

芝生のエリアもあるので寝転んで見ることもできます。

飲食店があることから、飲み物などにも困らないだけでなく、

トイレもあるのでお子さん連れでも安心して花火を楽しめるおススメのスポットです。

2.遮るものがない港の見える丘公園

港の見える丘公園の高台にある展望台からは、

周辺に視界を遮るものがないので、バッチリ大輪の花火の迫力を楽しむことができます。

3.三脚を使った花火撮影もできる山下埠頭

山下埠頭は、山下公園内にある普段は立ち入り禁止となっているエリアですが、当日は一部開放されます。

入り口には、係員がいて時間によっては入場規制が行なわれたりしていますが、

早めにいけばしっかりと三脚を用いて撮影できる場所が確保できます。

4.マリンアンドウォークヨコハマも穴場

赤レンガ倉庫の近くにある複合施設の

マリンアン ウォークヨコハマは、

比較的新しい場所なので知名度が低いことから、

ゆったりと花火が楽しめる穴場のスポットです。

 

スポンサーリンク

 

 

 

横浜スパークリングトワイライトのおすすめポイントについて

【横浜スパークリングトワイライト】は、

2018年が開催7回目となる横浜の夏を飾る一大イベントで、

海上に打ち上げられる3000発の花火をはじめ、

世界各国の民族衣装を纏った人たちと市内から集まった

お神輿の華やかなパレードやみなと街だからこそのシーパレードなど、

数多くの催しもので盛り沢山用意されています。

 

夏の風物詩である花火は、氷川丸の汽笛を合図に打ち上げられ、

伝統的な大輪の花火や芸術品とも呼べるさまざまなデザインの創作花火など、

鮮やかな色合いが夜空を染める大迫力の花火が港の美しい景色と同時に満喫できます。

パレードは、日本と世界との友好をテーマに、

色鮮やかな世界各国の民族衣装や

日本の伝統文化であるお神輿が山下公園通りに繰り出し、

多くの人を魅了します。

 

シーサイドレストランも開催され、

横浜の老舗のレストランの味を堪能できたり、

夜にはバーコーナーもオープンするので、

カクテルを片手にトワイライトを楽しむことができ、

いつもと一味違ったデートも楽しめるでしょう。

また、公園内の石のステージでは横浜税関音楽隊や赤い靴合唱団などの演奏に加え、

夕暮れ時にはジャズバンドの演奏もあるので、

ちょっと落ち着いた雰囲気を味わいながら過ごすこともできるのも魅力です。

横浜スパークリングトワイライトの開催日程について

【横浜スパークリングトワイライト】の開催日程や基本情報を紹介します☆彡

開催日程>>>

7月14日(土曜日)と7月15日(日曜日)の2日間

※小雨では決行しますが、荒天の場合には中止となります。

打ち上げ時間>>>

午後7時30分から午後8時まで

開催会場>>>

山下公園及びその周辺、公園前海上

ホームページ>>>

横浜スパークリングトワイライト公式HP

SNS>>>

横浜スパークリングトワイライト公式Facebook

お問い合わせ>>>

当日開催可否については、0180-99-1818まで

(横浜スパークリングトワイライト実行委員会運営事務局)

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

横浜スパークリングトワイライト花火大会のアクセス方法や注意事項について

【横浜スパークリングトワイライト】の会場となる

山下公園及びその周辺、公園前海上」はコチラになります。

住所:〒231-0023 神奈川県横浜市中区山下町

電車の場合>>>

  • みなとみらい線の元町・中華街駅から歩いて約3分
  • 同線日大通り駅から歩いて約5分
  • JR根岸線石川町駅から歩いて約15分

 

会場周辺では、パレードなどが行なわれるため、

日中の交通規制や花火大会時には海上規制が実施されます。

交通規制の詳しい情報はコチラから確認できます。

>>>横浜スパークリングトワイライト 交通規制

>>>横浜スパークリングトワイライト 海上規制

横浜スパークリングトワイライト花火大会の近隣駐車場について

海上周辺には、ランドマークタワーやみなとみらい、

クィーンズタワーなどが集積しており、

普段から駐車場の確保が困難な場所なので、

公共交通機関を使うことが望ましいでしょう。

横浜スパークリングトワイライト2018!穴場スポットや日程、アクセス駐車場情報を紹介!まとめ

【横浜スパークリングトワイライト】は、

比較的新しい花火大会のある横浜の夏のイベントですが、

例年東京都の品川区の人口数と同じくらいの

約40万人の観客が訪れているほど人気のイベントです。

横浜のみなと町ならではこその、シーパレードや世界各国の民族衣装のパレードなど、

国際色豊かなイベントが楽しめるだけでなく、

普段なかなか行くことができない老舗レストランの味も堪能できるのも魅力です。

花火大会はもちろん、夕暮れ時からカクテル片手に港を眺めながら過ごしたりと

横浜の夏のひとときを多いに満喫できるでしょう。

========================

Cantikさん、【横浜スパークリングトワイライト】についてのご紹介

どうもありがとうございました(⌒∇⌒)

神奈川の有名な観光スポットでの花火大会は2日間と楽しめるので、大いに盛り上がりますね☆彡

ただ花火を見るだけでなく、大人な花火大会の過ごし方も出来るのでとってもオシャレ(⌒∇⌒)

 

それでは、以上、

「横浜スパークリングトワイライト2018!穴場スポットや日程、アクセス駐車場情報を紹介!」でした。

最後までお読みくださりありがとうございました?

 

 

スポンサーリンク